日記キノココアララッパガリア餡子呼吸宇宙海ミトコンドリア愛してる。



PROFILE
kajutaka
  • Author:kajutaka
  • 1983年10月20日生
    好きな食べ物:sushi
    たぶんこの食べ物になら、一回の食事でいくらかけてもよいと思う。
  • RSS


  • カンチョーセヨ
    CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • 最近欲しいものー「クルーザー」(09/18)
  • 帰りの電車、駅のホームに下りるといつも同じ場所にいる(03/09)
  • レディヘ来日ライブ(02/11)
  • あらがきゆい(02/10)
  • 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう(12/17)


  • RECENT COMMENTS
  • プログのヒト(09/18)
  • しか(03/16)
  • しか(03/15)
  • nabe(03/04)
  • しか(02/28)
  • しか(01/11)
  • しか(01/11)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (8)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (15)
  • 2006年01月 (14)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (14)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (15)
  • 2005年05月 (20)
  • 2005年04月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (82)
  • 映画の話 (10)
  • まとめ (3)
  • 音楽の話 (19)
  • 小説の話 (4)
  • 若い自分から見たモノ (76)
  • コイバナ (6)
  • 旅行 (14)
  • ハプニング話 (16)
  • ニッキ (75)
  • 尊敬人 (1)
  • 就活的事象 (3)
  • LUMIX DMC-LX2 (3)


  • LINKS
  • てきと~に一休み
  • 怪文書 ON THE WEB
  • COLORFUL HEARTS
  • プログ
  • Knives Inner ScenariSt
  • -こちやま跡地-
  • yaneurabeya.net
  • がぶがぶDIEアリー
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    やらなければならないことをしていると、言いたいことが減っていく
    入社して初めて「あーキツい」と心底思った時期が過ぎて
    いつのまにか25歳を迎えました。

    人生初の完徹2日間を乗り越え、
    「寝るな!踏ん張れ」と葛藤し、時計の針は誕生日の始まりを指して、終わりを迎えるまで局内から出ないという、ある意味仕事の洗礼をうけた誕生日でした。

    世の中の五時とか七時に終わる人は毎日帰って何をしてるんだろう。

    中央線の車内モニターで『ダーリンは外国人』をやっていて、終電でそれを眺めながらほんわかしている
    あのダーリンの顔がいいね。


    そして村上春樹は高校とか大学のときに読むより、今ぐらいの自分で読んだほうが正しいのだと思った

    もうすぐ鼠三部作が終焉を迎える


    【2008/10/28 00:50】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    帰って歌いたくなってもいいようにと思ったのだ
    最近わりと戦争について考えてて

    勉強すればするほど、今まで疑いもしなかったことが覆っていくんです。

    戦争の時代に生きてた若者や東条英機とかいわゆるA級戦犯やら、BC級戦犯やらの人に思いを馳せるのです。

    戦争を起こさせるのは国のトップなんかじゃなくて、大衆なんじゃないかなぁと思った。
    最後にその責任をとるのが上層部の方々なんだろうなと思う。

    家族の風景/ハナレグミ

    おそらく来週から10月中旬まで忙しくなりそうなので
    明日だけでも久しぶりに実家に帰るかー。

    本当は今日終電で千葉まで帰ってそこから深夜をバイクで駆け抜けようと思ったんだけんども、バイクのスターターがイカレてるのかわからんが

    うちのマグザムちゃん、故障してた。

    ちょっと前に

    i-PODが完全に壊れた。


    僕にとっての自由への翼が二つとも折れちまったよ。


    いーまー私のーねがーいごとがーかなーうーなーらばーーーー





    LUCKY STRIKE
    会社でイス並べて寝るのが平気になって

    帰れるときでも終電なのが当たり前になって

    収録前は準備ありすぎて寝ないで行くのも当たり前になって

    常に先を読んで準備しているのに常にギリギリで動いているので、ドンドンと一般的な生活からかけ離れているようで慢性的な感じになっていきました。


    でもよく考えたら徹夜とかさ、学生のときガッツでしてたじゃん。
    そういう延長線上にただいるだけなんだと思うよ。

    社会人だからとかさ、大人だからとかさ

    自分はそんなに働いてる感覚ないから言えるのかもしれないけど、がんばれば何でもできるよ。



    特番に配属されて、一ヵ月半休みなかったんですが、元の番組に戻ったと思ったら、次は新番組に一人だけ配属されて、黙々とカストロとゲバラの勉強しています。
    僕は個人から社会を考えるのはイマイチ納得できない。


    この業界は思ってたよりもアナログな世界で、VHSも割りと主流だし、フォトショとかイラレ使えない人が多くて、もっと上の人はパソコンで編集してる時代じゃない人もいるので、パソコン使えなかったりしてね。結局は地道な作業と人で動いてるような世界です。

    IT系の進化はきっとCMとかPVの方にばかり取り入れられているみたい。


    僕は大学の終わりくらいに人間くさいものを追っかけるようになったので割と好きです。
    フィクション性とノンフィクション性の狭間で戦ってはいるけれど



    8月10日16時05分~フジ

    この業界の人のリサーチ能力はハンパないので、番組名は伏せます。

    協力してくれた後輩の皆さん、尺の関係でデビューは微妙そうだけどサンクス!


    そして僕は奇跡の夏休みがもらえたので、出発3日前にしてチケット取れたので数日間だけ海外行ってきます。
    【2008/08/02 03:08】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

    千葉行きの終電に乗ってたのに津田沼の次が国立って出てびびった話
    どこぞの本に
    過去にあった事実は変えられないが、その解釈は変えられる
    って当たり前のことが書いてあってね。

    事実はどうあれ、口から「イエス」って出したなら、それがたとえ嘘だろうがなんだろうが、それがキッカケでどうなろうが
    ちゃんとケツ持てよって。

    事実を確かめることは容易いから、だからこそしたくないんだと思います。




    僕はカリン塔に登っている
    部屋の電気が消えることのない場所



    制作部



    今週一回しか自分の部屋で寝れてない僕

    家の鍵なくしてベランダから出入りしている僕
    【2008/07/12 03:01】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    デジタル的なアナログさ
    macが一台
    3畳ほどのスペースでイスの上に僕はもたれかかって

    final cut proをカチカチといじりながら単純作業を繰り返している。

    大学のときに使っていたpremiereと大して変わらない。
    何かテレビだからもっとすごいソフトとか、ドカーとデカイマシーンでも使うのかと思いきや、技術革新により時代はもはや大学とプロの世界をひどく縮めてしまっていて密着しているようだ。
    カメラも外ロケのときは普通にVX2000とかPDが活躍している。


    僕はその息の詰まりそうな部屋でデジタイズなる作業をしている。

    これはロケで撮って来た素材をパソコンのハードディスクに取り込む作業なのだ。
    いわゆるサークル用語では「キャプチャー」

    この作業は素材を再生しながらデジタイズするのでリアルタイムかかる。
    40分テープなら40分かかるわけだ。

    僕の前には山積みされたテープが、ざっと100本(40分テープ)。



    技術革新が進んでいるのに、なぜこの鬼のような作業はリアルタイムなのだろうか。
    ビデオカメラとパソコンはもはや切っても切りはなせない時代になっているのだからビデオカメラもHDD化を考えた方がいいのではないか。
    そうすりゃ、撮ったらそのままパソコンつないで「ポンッ」ですよ。


    あと全然関係ないんですが、アイスの「爽」ってしっかり冷凍されてるのに、スプーンがサクサク入っていくよ!!!
    マジすげー。これも技術革新ですな。



    【2008/06/29 01:51】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

    ランナーランナー
    尊敬できそうな先輩がいたら、その人の下に付くよりななめ後ろに付いた方がいい
    前に出たときに抜けるから、
    先輩とイマイチ仲良くなれないことと引き換えに。
    気に入られるより、認められたいです。


    人の山に登っても、頂上にはその人がいるっちゅー話

    José González - Down The Line

    電車で寝てる人が、頭をかくんと横に持っていってしまうのはなぜだろう
    おれならんもん






    ちょっと蒸して混み合った電車はサ館の匂いがする
    20080612012803
    ○日記のコメントあるある

    「~さんの日記は笑っちゃうから電車で見れないですよー」とか「思わず吹き出しました」とか
    「ホントかよっ!!」ってチョッピリ思う渡部さんです。

    僕は本という形態で笑うのはうすた京介と和田ラジヲくらいである。


    ○淀川さんに次いで水野晴郎が死んじゃったよー!
    これでテレビでやる映画の劇場っぽさがなくなって、メディアになっちゃう感じがします。



    【2008/06/12 01:26】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。