日記キノココアララッパガリア餡子呼吸宇宙海ミトコンドリア愛してる。



PROFILE
kajutaka
  • Author:kajutaka
  • 1983年10月20日生
    好きな食べ物:sushi
    たぶんこの食べ物になら、一回の食事でいくらかけてもよいと思う。
  • RSS


  • カンチョーセヨ
    CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 最近欲しいものー「クルーザー」(09/18)
  • 帰りの電車、駅のホームに下りるといつも同じ場所にいる(03/09)
  • レディヘ来日ライブ(02/11)
  • あらがきゆい(02/10)
  • 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう(12/17)


  • RECENT COMMENTS
  • プログのヒト(09/18)
  • しか(03/16)
  • しか(03/15)
  • nabe(03/04)
  • しか(02/28)
  • しか(01/11)
  • しか(01/11)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (8)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (15)
  • 2006年01月 (14)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (14)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (15)
  • 2005年05月 (20)
  • 2005年04月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (82)
  • 映画の話 (10)
  • まとめ (3)
  • 音楽の話 (19)
  • 小説の話 (4)
  • 若い自分から見たモノ (76)
  • コイバナ (6)
  • 旅行 (14)
  • ハプニング話 (16)
  • ニッキ (75)
  • 尊敬人 (1)
  • 就活的事象 (3)
  • LUMIX DMC-LX2 (3)


  • LINKS
  • てきと~に一休み
  • 怪文書 ON THE WEB
  • COLORFUL HEARTS
  • プログ
  • Knives Inner ScenariSt
  • -こちやま跡地-
  • yaneurabeya.net
  • がぶがぶDIEアリー
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    若者は時間が無限にあると勘違いしてるらしい。
    どこぞからの抜き出しですが


    ○昔、中国で、医学を志して勉強していた若者がいました。ある老人がこの若者に彼の一生を予言しました。
    その老人によると、おまえは医者などになるより、科挙の試験を受け、仕官として進めば大成する。そして何歳で受かり、それ以外のこともこと細かく、死ぬ年齢まで予言したそうです。
    科挙の試験に受かるということは、仕官として出世を約束されたも同然ですから、若者は喜びました。
    そして、今までの医者の勉強をやめ、老人の予言通り、仕官の勉強を始めました。数年後、それらがことごとく当ったのです。試験に受かる年齢から結婚する年齢、その他、すべてが老人の言ったとおりになりました。

    最初、若者は自分の人生が言われたとおりに進んで行くことに感激していましたが、あるとき、このように前もって決まっている人生が馬鹿馬鹿しくなり、生きる意味を見失いかけていました。
    そのようなとき、仕事で、ある寺に泊まりました。その寺にいた禅師が、若者の達観したような雰囲気に興味を持ち、「年の割にできておられる。どのような修行をして、そこまでの境地になられたのか」と尋ねたそうです。

    若者は今までの経緯を説明し、昔、ある老人に言われたとおりの人生を歩んでいることに最初は喜んでいたが、なるようにしかならないのなら、もう何かにチャレンジしたり、努力することが馬鹿馬鹿しいと思うようになり、そのため生きる意味が見いだせないと話しました。
    その絶望が、ちょっと見には達観した雰囲気に似ていたので、この禅師は彼に興味を持ったのです。しかし、若者の話を聞いて、「なんだ、おまえを見損なっていた。つまらんやつめ。」と吐き捨てて、どこかへ行ってしまったそうです。 ●






    僕は輪廻転生も信じないし、運命論者でもないけど、根が理系なので結局は「理由」だとか「意味」を探してしまうことは同じでした。


    生物学的には、僕らが二本足で立ってたりとか、体中の毛が抜けて一部にしか生えてないだとか、そういうことに意味というか理屈が存在してるんだろうけど、たしかにそんな奇跡的な進化すら理由があるんだとしたら、「すべての事柄にも理由があるかも!」って思ってしまうのはしょうがないかもしれない。
    なんか僕はちょっと前までそういう有意味症候群にかかってたなぁと思います。


    意味がないことも世の中にはたくさんある。


    自分的にはなかなか深い言葉です。空気が抜けるような言葉です。


    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント
    ( ゜Å゜)マインドコントールされてるオチかと。。。

    【2008/01/31 01:26】 URL | しか #-[ 編集]

    え?誰に!?
    【2008/02/01 12:28】 URL | nabe #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。