日記キノココアララッパガリア餡子呼吸宇宙海ミトコンドリア愛してる。



PROFILE
kajutaka
  • Author:kajutaka
  • 1983年10月20日生
    好きな食べ物:sushi
    たぶんこの食べ物になら、一回の食事でいくらかけてもよいと思う。
  • RSS


  • カンチョーセヨ
    CALENDER
    11 | 2008/12 | 01
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 最近欲しいものー「クルーザー」(09/18)
  • 帰りの電車、駅のホームに下りるといつも同じ場所にいる(03/09)
  • レディヘ来日ライブ(02/11)
  • あらがきゆい(02/10)
  • 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう(12/17)


  • RECENT COMMENTS
  • プログのヒト(09/18)
  • しか(03/16)
  • しか(03/15)
  • nabe(03/04)
  • しか(02/28)
  • しか(01/11)
  • しか(01/11)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (8)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (15)
  • 2006年01月 (14)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (14)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (15)
  • 2005年05月 (20)
  • 2005年04月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (82)
  • 映画の話 (10)
  • まとめ (3)
  • 音楽の話 (19)
  • 小説の話 (4)
  • 若い自分から見たモノ (76)
  • コイバナ (6)
  • 旅行 (14)
  • ハプニング話 (16)
  • ニッキ (75)
  • 尊敬人 (1)
  • 就活的事象 (3)
  • LUMIX DMC-LX2 (3)


  • LINKS
  • てきと~に一休み
  • 怪文書 ON THE WEB
  • COLORFUL HEARTS
  • プログ
  • Knives Inner ScenariSt
  • -こちやま跡地-
  • yaneurabeya.net
  • がぶがぶDIEアリー
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう


    どうしてこんなに悲しいんだろう



    嘘が嘘だとわかってるのに嘘をつく人ってどうすればいいんだろうね。

    「嘘でしょ?」「嘘じゃないよ」

    で終わりだよ。

    嘘はつき続けないと嘘になっちゃうからさ、みんな嘘に嘘を重ねるんだよ。

    嘘はほとんど自分のためだから
    なんてかわいいかわいい自分なんでしょう。

    なんてかわいいかわいい自分なんでしょう。

    なんてかわいいかわいい自分なんでしょう。

    証拠さえなければ「嘘でした」って言うのを待つしかないんでしょう。
    我慢強いですか?
    我慢強くなくても我慢しかないですか?

    その先に何かありますか?
    さぁどうでしょうね。

    なんてかわいいかわいい自分なんでしょう。

    なんてかわいいかわいい自分なんでしょう。


    僕は、僕は入道雲を背中に入れてピーンと生きたいです。
    ピーンとピーンと生きるのです。



    スポンサーサイト
    【2008/12/17 00:47】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    結婚式と25歳の僕
    12月あたまの日曜日に新郎新婦共々友人の二人が結婚した。

    その頃僕は予定外の忙しさの真っ直中で、すでに局内泊まり2日目だった。
    披露宴中は次のオンエアVTRの試写中で行けず、
    参加中の友達から『披露宴の席はなべさん以外埋まってるよ』との連絡あるも
    『無理』との判断。
    それから二次会の終わりまで40分前くらいと迫ったところで『顔だけでも出さねば』と思い、会社の車を黙って借りて会場へto。

    ナビタイムに頼っていったら道に迷ったあげく5分前に着いて入口に入ったら、すでに退場後の新郎新婦に入口でバッタリ。

    会った途端に『おいっ!遅い!』

    参加者みんなスーツの中、二日目の服を着た髭も整わない僕は
    『すいません、すいません』と平謝りした。
    その後一緒に参加者を見送りつつ、久々にいろんな友達と会った。

    …ポケットで唸るチーフディレクターからの電話を無視しながら。

    会場にいたのはものの30分で
    仕事に戻るためにチーフディレクターに『すいません、ちょっと寝てしまってました!』と謝りながら車を走らせて仕事に戻った。

    友達のめでたい日に行けないことがこれからも続くと思ったら
    『なんなんだこの仕事はっ!』
    と思った。

    早くペーペー抜けだそう。


    その後水曜まで5泊6日の局内生活を終えた。
    6日目の自分の服の袖の匂いを嗅ぐ。



    『意外と臭くないんじゃないか?まだまだ若いんじゃないか』

    家に帰って、
    『これが6日の服だ、嗅いでみ?まだイケるっしょ』

    と彼女に嗅がしたら
    『オヤジくさっ!めっちゃオヤジくさいよ、これ』

    と言われて

    黙って洗濯機を回した。

    会社に制汗剤とファブリーズを常備しようと思った。





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。