日記キノココアララッパガリア餡子呼吸宇宙海ミトコンドリア愛してる。



PROFILE
kajutaka
  • Author:kajutaka
  • 1983年10月20日生
    好きな食べ物:sushi
    たぶんこの食べ物になら、一回の食事でいくらかけてもよいと思う。
  • RSS


  • カンチョーセヨ
    CALENDER
    12 | 2008/01 | 02
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • 最近欲しいものー「クルーザー」(09/18)
  • 帰りの電車、駅のホームに下りるといつも同じ場所にいる(03/09)
  • レディヘ来日ライブ(02/11)
  • あらがきゆい(02/10)
  • 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう(12/17)


  • RECENT COMMENTS
  • プログのヒト(09/18)
  • しか(03/16)
  • しか(03/15)
  • nabe(03/04)
  • しか(02/28)
  • しか(01/11)
  • しか(01/11)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (8)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (15)
  • 2006年01月 (14)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (14)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (15)
  • 2005年05月 (20)
  • 2005年04月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (82)
  • 映画の話 (10)
  • まとめ (3)
  • 音楽の話 (19)
  • 小説の話 (4)
  • 若い自分から見たモノ (76)
  • コイバナ (6)
  • 旅行 (14)
  • ハプニング話 (16)
  • ニッキ (75)
  • 尊敬人 (1)
  • 就活的事象 (3)
  • LUMIX DMC-LX2 (3)


  • LINKS
  • てきと~に一休み
  • 怪文書 ON THE WEB
  • COLORFUL HEARTS
  • プログ
  • Knives Inner ScenariSt
  • -こちやま跡地-
  • yaneurabeya.net
  • がぶがぶDIEアリー
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    世界はそれを旅の準備と呼ぶんだぜ!
    今回旅行で行く予定の国で、ビザが必要なのはカンボジアだけだと思ってたはずが、

    実はタイも必要になるようで、明日わざわざ東京のタイ大使館に行かねばならんことに。


    タイは基本的にはビザなしで30日間滞在可能なんだけど、僕が買った旅券はバンコク往復の45日間のフィックスオープンって言うチケットで、
    バンコク着いたら、すぐカンボジアのシェムリアップに向かう予定だから、実質タイには全然いないのですが、チケットは30日以上のバンコク往復しか明記がないので、ビザが必要になるかも、とのこと。

    その情報は前々から知っていて、入国のときそれをうまく説明できれば大丈夫という情報もネットで見てて、HISの担当の人にもビザ取ったほうがいいんじゃないかと勧められたんだけど、ビザ申請にお金かかるし、たぶん大丈夫だろうとタカをくくってた。

    が。

    ちょい前にネットで同じ質問してる人がいて、返信者の中に最近厳しいからビザ取ったほうが無難ですよ的な発言が増えていて、急遽ビザを取ることに変更。


    それなら最初からカンボジアのビザ申請のとき行けば良かったわー。ビザ申請に一日かかるから二回も東京に行かねばいけんというのがお金の無駄無駄無駄ー。


    あと月曜日にA型肝炎の二回目の予防接種も終了で、結局いろいろ考えあぐねたあげくお金のこともあるので予防接種はA型肝炎と破傷風の危険度指数の高いモノ2つに絞った。

    お医者さんに相談したところ蚊から感染する日本脳炎やマラリアは地域によって耐性があったりして打つ種類に違いがあるので、複数の国に行く場合予防接種を打つ効果が薄いとのことと、
    もう一つ危険の高い狂犬病も、噛まれたらどちらにせよ病院で何回も注射を打たないといけないので、旅行行く前に打っても、現地でも打たないといけないのでそんなに意味ないそうです。

    はぁー、病気も知識がないといけんなと感じました。


    旅行に持っていくカバンもアウトドア専門店の人に話を聞いて、いろいろ検討した結果、22.5ℓのバッグに。
    たぶん普段学校行くときに使うレベルの大きさです。
    危険度もあるし、機動性もあるし、若干の盗られてもしょうがないと言う気持ちも含め22.5ℓ


    とにかく準備がいろいろと面倒だけど、知らないことが大量にあって勉強になります。

    きっと現地行ったらもっと知らないことばかりだろうけど、まぁそれはそれで向こうにいる人に聞いて頼ろうと思います。



    実は僕は世界遺産にどれほどの魅力があるのか、ちょっとよく分からなくて、でも世界遺産って言うくらいだからすごいんだろうぐらいの気持ちです。
    ぶっちゃけアンコールワット行くけど、行かなくても別にいいやとどこかで思ってる感じっす。

    あまり物質に魅力を感じなくて、物語に魅力を感じるので、世界遺産に物語がドッキングしたときにきっと感動するんだろうなぁー、と出たトコ勝負ですな。




    スポンサーサイト
    【2008/01/31 21:15】 旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    若者は時間が無限にあると勘違いしてるらしい。
    どこぞからの抜き出しですが


    ○昔、中国で、医学を志して勉強していた若者がいました。ある老人がこの若者に彼の一生を予言しました。
    その老人によると、おまえは医者などになるより、科挙の試験を受け、仕官として進めば大成する。そして何歳で受かり、それ以外のこともこと細かく、死ぬ年齢まで予言したそうです。
    科挙の試験に受かるということは、仕官として出世を約束されたも同然ですから、若者は喜びました。
    そして、今までの医者の勉強をやめ、老人の予言通り、仕官の勉強を始めました。数年後、それらがことごとく当ったのです。試験に受かる年齢から結婚する年齢、その他、すべてが老人の言ったとおりになりました。

    最初、若者は自分の人生が言われたとおりに進んで行くことに感激していましたが、あるとき、このように前もって決まっている人生が馬鹿馬鹿しくなり、生きる意味を見失いかけていました。
    そのようなとき、仕事で、ある寺に泊まりました。その寺にいた禅師が、若者の達観したような雰囲気に興味を持ち、「年の割にできておられる。どのような修行をして、そこまでの境地になられたのか」と尋ねたそうです。

    若者は今までの経緯を説明し、昔、ある老人に言われたとおりの人生を歩んでいることに最初は喜んでいたが、なるようにしかならないのなら、もう何かにチャレンジしたり、努力することが馬鹿馬鹿しいと思うようになり、そのため生きる意味が見いだせないと話しました。
    その絶望が、ちょっと見には達観した雰囲気に似ていたので、この禅師は彼に興味を持ったのです。しかし、若者の話を聞いて、「なんだ、おまえを見損なっていた。つまらんやつめ。」と吐き捨てて、どこかへ行ってしまったそうです。 ●






    僕は輪廻転生も信じないし、運命論者でもないけど、根が理系なので結局は「理由」だとか「意味」を探してしまうことは同じでした。


    生物学的には、僕らが二本足で立ってたりとか、体中の毛が抜けて一部にしか生えてないだとか、そういうことに意味というか理屈が存在してるんだろうけど、たしかにそんな奇跡的な進化すら理由があるんだとしたら、「すべての事柄にも理由があるかも!」って思ってしまうのはしょうがないかもしれない。
    なんか僕はちょっと前までそういう有意味症候群にかかってたなぁと思います。


    意味がないことも世の中にはたくさんある。


    自分的にはなかなか深い言葉です。空気が抜けるような言葉です。




    すばらしくてNICE CHOICE
    最近腹が立つこと。
    モノや人がその責任をまっとうしてないとき、結構アングリー。

    僕は携帯とは別にウィルコムも持ってるんですが、奴がかなり電波が安定してなくてよく切れるんです。
    もうね、それが腹が立って仕方ない。

    「てめー、電話するための機械じゃねーのか!!!」って本気で思います。
    「電話がちゃんとできないんだったら、お前はなんで存在してるの?」って本気で思います。


    あとは客がやたら偉そうなとき

    僕は飲食店において、料理を出す側と食う側は立場的にはフィフティーフィフティーだと思ってて、食う側はお金を出すことで、それと対価で得られる料理とサービスを受け取るという関係性だと思うんです。
    要はお金出して漫画買うのも一緒です。

    だから立場も何も、食いたいから金だすんでしょ?みたいな感じなので
    「おれは客だぞ!」みたいなのはもう意味がわかりません。
    お客様は神様じゃありません。

    お金を受け取るこちら側としても、お金をもらうからには責任持って接するし、そういうプロフェッショナルな関係でいたいのに感じ悪い客は「は?」って本気で思います。
    「じゃあ食うんじゃねー」って本気で思います。

    逆も然り。
    出すお金に見合わない接客されるともうアングリーです。
    お金もらって仕事してんだろ!って思います。



    最近の新入社員が仕事が続かずどんどん辞めるというのはよく聞くけど、仕事が合わないっていうんだったらしかたないけど、まだ何も任されてもいないのにつまらないもつまるもないと思うんだよなぁ。
    やりがいって責任感がないと生まれないもんな。

    これと言って何か具体的ではないけれど、社会に対して僕らは責任があるんじゃないかなぁって思います。
    だから、働くのかなぁって最近思います。

    まぁまだ僕は社会に出てないんすけどね。


    自分の力で動かせるモノがでかくなればなるほど、その感動も一塩な気がする。
    大学生の世界観なんて狭いとは思う。

    昨日?昨日って何?
    最近物忘れがひどくて、昔あったこととか思い出せなくて、映画の話しててもタイトル出てこないとか、俳優名出てこないとかざらで、こいつは良くないなって思って、何か考え事してて思いついたことを携帯にメモるようにしてます。


    実は今16連勤のうちの12連勤目で、なんかもう普通に疲れた感覚がなく働けてしまうあたりが麻痺してて、毎日バイトがあるっていう切迫感がなんとも言えません。

    こんな生活を普通に続けている店長とかマジすさまじいと思います。

    心が腐る。本当に心がバカになってしまう気がして、毎日音楽やら小説やら取り入れて物を考えるようにせねばと思います。

    今日もバイト終わって、ぼーっと音楽聴いてたら3時半です。

    10人いたら3、4人は何もとっかりのない考え方をしてるように思えてしまうのが僕は悲しいです。
    【2008/01/29 03:51】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    portishead
    今日はもうねむいので書けません。

    でも更新はしなきゃなので、今日はここまでです。へへへ




    今日のおやすみBGM
    Roads
    【2008/01/27 01:42】 音楽の話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

    モンスターペアレントな親を持たないために
    昨日の怒りオヤジは「私、モンスターペアレントですけど何か?」VS北斗晶

    自称モンスターペアレントのお母さんの過保護ぶりに衝撃を受けた。

    あーいう、人の意見を聞き入れない人ってどうやって説得すんのかなぁっていつも思う。

    自己正当化する人。思い込みが激しい人とか。



    とりあえず、一番の解決方法は、まずあんな親のお腹の中に生まれないことですよね。
    もうね。大人になると、死にかけたりとか、それくらいの衝撃がないと性格変わらないです。

    今まで自分が歩んできた道が例え正解じゃないにしても間違いじゃないと思ってたら、自分が正しいと思っちゃうよ。「正解」のストライクゾーンは狭いかもしれませんが、「間違いじゃない」のストライクゾーンはかなり広いからです。

    だからまず、そんな親から生まれないことを祈る。

    生まれるところからふるいにかけられますね。


    そして、もし仮に生まれてしまった場合は、もう友達に賭けるしかないです。
    環境に頼るしかない。
    我が家世界観を変えてくれる友達に会えることを祈るしかないです。

    ここでもモンスターペアレントというレベルの高い親が子の成長によって劇的に性格を変えることはまず考えられません。なんといってもレベルが高いからです。
    普通の人よりも「思い込みレベル」と「自己正当化レベル」が高いからです。

    そしてその二つのレベルが高いことに反比例して「環境適応レベル」が低いと思います。

    例え運よく世界観を変えてくれる友達に出会って、あなたが変化しだしても、親がその変化を止めようとするでしょう。
    なぜかと言うと「環境適応レベル」が低いからです。

    子供の変化に親が付いていけません。

    「あの子と遊ぶのはやめなさい」とか「昔は、こんな子じゃなかったのに」の嵐です。
    しまいには、その友達に直接アプローチも考えられます。
    死ぬ気で守りましょう。友達は宝です。
    昔から言われてるように友達は大切にしなければならないのです。


    その嵐を運よくくぐりぬけ、無事親から自立し、無事定職について安定しても次なる嵐が待っています。

    モンスターペアレントはおそらく姑さんになったらまた大変です。
    モンスターペアレントの一番の武器が諸刃の刃「子供への愛」だからです。

    モンスターペアレントの「子供への愛」があなたの大事な人を攻撃します。
    ジョジョで言えばスタンドです。スタンド名「マイ・サン」です。
    スタンド能力はターゲットであるあなたの大事な人の切りやすそうな部位(気に食わない所)を見つけて攻撃します。言葉での攻撃が主体です。ACT2、ACT3にも期待です

    だからもうモンスターペアレントな親が生きてるうちは終始あなたの人生に絡んできます。


    粘度で言えば高めです。





    もう面倒なのでくわしくは書きませんが、老後も大変でしょう。
    普通の人よりも「思い込みレベル」と「自己正当化レベル」が高く、子供に対して物凄い愛情を注いだという自負があるので、それに対する見返りを求めてきます。

    少なくとも一緒に住みたがります。スタンド「マイ・サン」は射程距離があまり広くないからです。


    ただ一つあなたが安心できるのは、もしあなたが殺害等された場合は、間違いなく復讐してくれると思います。
    それはあなたが親を誇れるところでしょう。大いに誇りなさい。


    もし上記のことが「イヤだなぁ」と「マジ勘弁」等思われた場合は、
    まずはその親から生まれないことをおススメします。
    数億分の一の奇跡が起きないことを祈りましょう。



    まずはあなたの運にアタックチャーンス


    おわり
    【2008/01/25 21:18】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    自分史
    最近、youtubeとかでごっつええ感じをちょこちょこ見てます。

    僕はめっちゃ世代だったはずなんですけど、リアルタイムに真面目に見てなくて、そんな折最近何かと松本人志ネタをキャッチすることが多くて、
    僕は興味持つと大体その人間像から入っていくタイプでして、松本人志著書はある程度読んだんで今度は作品にいってみようというわけです。

    今見て小学生の自分じゃわかんねーよ、このネタ!って思うんだけど、当時リアルタイム世代はあれで笑ってんだよなぁ・・・。
    不思議だなー。

    コントとして見るより作品として見たほうが面白いと思う。

    僕の印象としては、ひとつの映画があったとして、その中の微妙な人間関係や描写のみ抽出して見てるような感じがします。

    ものすごく知的だと思う。


    僕は小学校4年生からの記憶しかないので推測の域を出ないけど小学校のとき、クラスのみんなが熱中していたものを見てないっぽい。

    スラムダンクもドラゴンボールもダイの大冒険も漫・画太郎も、他ごっつ含めTV番組も全てリアルタイムに見ていない。みんながハマッてたなぁっていう記憶しかない。悲しいかな。
    ストーリーを途中から見るのが嫌いで、ドラゴンボールも気づいたらフリーザ戦になってたから諦めたんだと思う。
    ラッキーマンは好きで見てたな。


    僕は江戸川乱歩みたいな推理モノを読んで、
    手塚治虫の火の鳥とブラック・ジャック、ザ・クレーターを読んで、
    ドラえもんの映画全部見てて、
    昆虫図鑑を毎日見て、
    恐竜とか絶滅動物に興味を持って、
    レゴのブロックで自分の村を作って弟とヒーロー物語を考えて遊ぶ(もちろんヒーロー役は自分)か、外で探検ごっこをしてるようなアナログな子供だったと思います。

    あとは金田一一の事件簿をパクッて、金田一一平の事件簿という漫画を卒業のときクラスのみんなに印刷して配った記憶があります。

    あとは、カブトムシは当たり前にしても、カミキリムシとかコオロギ、トカゲを捕まえて飼ってたな。
    トカゲ日向ぼっこスポットを知ってて、晴天のときに見に行って捕まえては逃がして、最終的にオス・メスの区別がつくようになった。
    飼ってたんだけど、やつら生きた虫しか食べないから毎日ハエとか捕まえるのが面倒くさくなって途中で逃がしたような。(曖昧)

    青いアゲハ蝶を幼虫から成虫まで育てて自由研究で出したっぽい。(曖昧)


    生き物にものすごく興味を持ってて、進化とか絶滅がもう魅惑のフレーズでした。
    どうぶつ奇想天外は好きだったけど、ムツゴロウさんが嫌いだった。
    うちの家族はムツゴロウを好んで見てたけど、僕は生物界は進化と絶滅だ!もっとシビアだ!と思ってて、なのになんかあの生あったかい感じが嫌いだった。


    キャンプとか好きで、山で実物のナナフシを見てめっちゃ興奮してた記憶がある(曖昧)
    昆虫と爬虫類が好きだったけど、魚類は興味なかったな。
    たぶん、その頃ブラックバスとかバス釣りがはやってて、それで「みんなやってるから魚類はいいや」ってなったんだと思います。

    ジュラシックパークが人生で初めて手に汗握った映画だったと思う。コハクに入ってた蚊から恐竜の血を見つけたっていう設定に興奮した。
    あとドラえもん以外で初めて映画館に見に行った映画は「ネバーエンディングストーリー」。
    初めて買ったCDアルバムは「ネバーエンディングストーリー・サウンドトラック」


    なんか最終的に昔話になっちゃったけど、小学生の頃って今の自分に完璧につながってる気がするなぁと、今思い出してて思いました。
    しかも中学・高校飛び越して、小学生の自分と今の自分がめっちゃリンクしてる感じがする。



    まぁ、そんな感じで思い出せて、今かなり自己満足です。うほほーーい。

    小学時代の僕でした。


    【2008/01/24 21:45】 まとめ | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    ポール・マッカートニーはイエスタデイの夢を見る
    夢を見た

    忘れないように起きて反芻して、脳に根っこを生やした。


    夢で、僕は知らない女の子にプロポーズされて、なぜかOKしてしまう所からスタートする。

    その子はプロポーズして結婚することを報告のためメーリスで流したのを見て「なんで何も知らない上に好きでもないこの子と結婚するんだろう」って、当たり前のことを考え始めて、考えあぐねたあげく、やんわり断ることにする。
    それでとりあえずは事なきを得るんだけど、しばらくしたら僕は知らない男に襲撃され

    実はそれはその子が、おれを恨んで向けた刺客で、ボコボコにされ、
    その後も複数の男たちの刺客は次々と来るが、抵抗する術を持たない僕はまたボコボコにされ。

    ボコボコにされてるのに、一言も弱音をあげない僕に好感を持つ者が仲間になりだして

    それが国を分かつ戦争に発展していく。
    自爆テロも出だしたドロ沼戦争

    戦争が終盤にさしかかろうとするある日、敵対しているプロポーズしてきたその子の子供が戦場で火事に巻き込まれたのにもかかわらず無傷で助かる。

    その子が助けてくれた男の話をしていくうちに、自らの命を引き換えにその子供を助けたのはなんと僕で、それがキッカケで戦争は終戦を向かえ、

    僕は伝説として語られる。


    という壮大で、なんとも自分に都合のイイ物語だった。




    そして、その夢に満足して起きたらバイトに間に合わない時刻だった。


    【2008/01/23 21:08】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    目的カ手段カ
    今はご存知の通り、お好み焼き屋でバイトしてるんですが

    明らかに大学2、3年のときより、自分の働くスタンスが変わってると思う。

    それが就活したからなのか、はたまた年くったからなのかわからないんですが
    何が変わったかって、一番大きいのは売り上げを気にするようになっているってこと。

    前はなーんも意識しなかったんだけど、今はちょこちょこ売り上げ見て、
    「今日はわりーなぁ」とか考えている。

    毎日のようにいるから、流れが見えてくるっていうこともあるけど

    接客業はサービスっていう目に見えない価値を売りにしていて、お客が出してくれるお金がサービスの対価だと思わないと目安がわからないし、目に見えて自分の頑張りがわからないと思うようになったからだろうか。
    ってかまぁ、多分もう純粋に接客を楽しめてないから、そういうところに目がいくんだろう。

    飲食店三年以上続けて言うのもあれなんですが、それだけやってきた上での自分の結論は
    接客は好きじゃないなぁということだ。

    ゴールが見えない仕事だと思う。

    今日一日終えても、明日にはまた違うお客を何人も接客して
    自分にとっては自分対大人数だけれど、お客にしてみれば1対1の仕事である。

    純粋に接客が好きじゃないとできない仕事で、自分にはその責任を抱えきれるほどモチベーションねーんだ。

    じゃあ何で続けているのかって、やはり必要だと思うからだ。能力として。
    学べることも多いし、社会に出たら確実に人付き合いの世界だ。
    会っただけで、相手がヒトとして話せる人間かどうかきっとわかる。

    自分の興味は「人間」というところにあって、
    将来的に興味を持った人に近づいていくと思う。人を動かすと思う。

    動かせる人間になりたいし、人の懐に入れる人間になりたい。

    やはり接客業はやる価値はあるな、という結論に至るわけである。


    ちなみに今のお好み焼き屋で、僕はホールもキッチンも焼き手もできるようになりました。
    もはや穴なし。



    依存恐怖症
    タバコは吸わない

    別に吸うことに抵抗はないんだけど、なんか吸わない。

    健康に悪いとか、体力落ちるとか、肺に穴が空くとか、そういうわけじゃない。
    結構そこら辺はどうでも良かったりする。
    自分のそういう行動のジャッジメントって割と好奇心が握ってるしね。

    ロックンロールが好きだし、映画でもカッコイイと思う俳優は大体シブイ。

    そんなカッコイイにタバコは似合う。


    ただ、依存すんのがカッコ悪いと思う。

    だからタバコを日常的に吸わないし、お酒も毎日飲まないんだと思う。
    普通に生活していくのに、必要なモノが増えるのがうっとうしい。

    タバコがないと我慢できないとか、カッコ悪くねーかと思う。

    何かに依存して、そこを逃げ場に頑張れない自分になってしまうのも怖いですな。


    もうそういうちょっとしたことに束縛されんのも面倒で、体も心も自由でいないと面倒くさくなっちまうだぜ。
    車は小回りきかないし、瞬発力にかけるからバイクに乗るのが好きなんだと思います。


    ただまぁタバコが似合う男はカッコイイっす。

    あと、タバコがないと生きられないくらいの神経質さ繊細さみたいなのもやっぱり魅力的でもあるとは思う。
    僕が好きな俳優のアル・パチーノはそんな感じで、めちゃシブです。


    それぞれのスタイルによるけど、僕は依存していまいそうなモノとは深く付き合えないなぁと思うわけです。



    GOOD MORNING EVERYONE, GOOD MORNING TO THE MUSIC
    一ヶ月に数回しか更新していないですが。

    ここで、あえて、みんながあまり見なくなっただろういざ、ココで。
    今日から毎日更新します。
    旅行行くまで更新します。


    昔、書いた自分の考えとか見直したりして
    『青いなー』とか『マジ今こんなこと考えてねーよ』って思うんだけど、
    まぁそれこそがブログの醍醐味だと思うんで書いた意味あったなぁーって思う。

    変わっていくことに抵抗はないし、変わったモノはきっとそんなに必要じゃなったことなんだと思う。これからも変わっていくし、それに対して変わらないところはきっと自分にとって大事なんだと思います。

    昔は良かったなんて、ちっとも思わんしな。
    昔は良かったっていう悲しさもまた、ある意味楽しいことだしな。
    悲しいことは悪いことじゃないし、苦しいことも悪いことではない。
    永遠に続くわけではあるめーし。

    例えば、今この瞬間の自分が間違った方向に行っていたとしても(というか何が間違ってるのかっていうのは置いておいてね)、必要悪というか。
    長い人生で見ればそんなのもアリみたいな。
    「あのときのおれは間違ってたなー、うんうん」って未来の自分はきっと言うだろうし、マジ頼むからそう言っててくれよ、みたいな。



    そんなわけで



    最近の音楽トピックですが、押尾学の子供が「リアム」っていうのに、ドン引きな中
    お前ガンズに影響受けたんじゃねーのかよ!ってめっちゃツッコみたいけど
    最近はArctic MonkeysあたりからUKについていけなくなってしまいましたが、ブリット・ポップ世代あたりの北欧な感じの音楽がなんだかんだ好きでずっとムーブメント。


    oasisつながりで、少し渋めなUK the Verve

    the Verve :BITTER SWEET SYMPHONY

    スコットランド、グラスゴー Travis

    Travis :Writing To Reach You

    思ったっけ、どっちも似てるな。
    まぁ、今はこんな感じのが好きなんだと思います。

    アイスランド Sigur Rós
    「()」っていうアルバムがあって、それに収録されてる曲はすべて「untitled」
    つまりは名無しの曲達で、結構ダウナー系だけど寝る前に聴くとめっちゃ気持ちよく寝れます。もう音楽に包まれちゃいます。
    最近のおやすみBGM

    Sigur Rós :untitled #1


    あとはライブに行ってからもう僕はDAFT PUNKの虜です。
    めっちゃカッコイイです。ロボットの切ない感じがカッコイイです。
    思わず「お前それカッコ良過ぎるだろー!」とツッコみたくなります。

    Daft Punk :Robot Rock
    Daft Punk :Technologic


    こんなにも自分はUKに沈み込んでるのになぜ旅行は東南アジアに行くのか自分でも疑問ですが東南アジアのほうが文化の匂いがプンプン匂いたってそうで、そこに強く惹かれることはたしかで、向こう行ってクンクンしてやろうと思う。
    【2008/01/20 12:32】 音楽の話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    お金を経験値に両替する
    2月に旅行行ってきます。

    それで僕の学生生活も終了です。

    2月11日発で、帰国予定は3月21日くらいで、卒業式には千葉にいると思います!


    行き先は東南アジアをぐるーっ!って感じで詳細は未定。

    タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ(→マレーシア or インド(タージマハルだけでも見たい)→タイ)
    ざっくばらんにこんな感じになる予定

    航空券(バンコク往復45日FIX)購入して、
    ビザ申請(カンボジア)して、
    予防接種(破傷風・A型肝炎)もして
    保険確認して

    と大体事務手続き系は終了で、あとはモチベーションの維持。


    1.5ヶ月の旅なんて誰も付いてこないと思ってたので、一人で行く予定だったんだけど学科の友達に話フったら意外にも乗り気で10日間だけ二人旅です。

    友人はバンコクinホーチミンoutで帰国して行きます。


    10月から毎日のようにバイトして貯めたお金も家賃・公共料金とか生活費工面しながら、
    予定額貯まんなかった!
    自分の性格考えればよく貯めたなぁと思うので、いろいろ諸経費でガンガンぶっとんで愕然としてるけどぱーっと使っちまうぜ!


    不安だけど、ワクワク。


    地球の歩き方を熟読する毎日。


    【2008/01/12 17:35】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    なにーーー!!というツッコミは古いのか。今はうおおおぉぉぉぉぉぃなのか
    ピューと吹くジャガーの、ジャガー役が要潤とは衝撃!と言われて久しい話題ですが、じゃがーの中でも笑い要素としてチョー重要キャラのハマーがオギというのにウケ。

    ハマーがオギなら見たい。

    ジャガー好きの学科の友人と誰がハマーならいいかという話をしていて、
    板尾創路なら可。
    という結論に至っていたのに、オギはダークホースでした。

    しかも板尾よりアリやもしれん。

    まぁ何はともあれ確実に面白くはなさそうだけど映画館に行って見てみたいです。

    でも、マサルさんのアニメもなんだかんだ面白かった(前回のあらすじが登場人物のセリフの始めの単語しか言わないなど、アニメでしかできないような巧みな感じが)ので、ちょっぴり期待しちゃうぞ。


    おぎやはぎが僕は好きです。
    あの斜に構えた、偉そうな感じがいいっす。

    シュールな笑いってちょっと知的な香りがするじゃないですか。

    シュールで思い出したんだけど。
    就活のとき日テレの制作会社の四次選考で出たお題が

    制限時間2時間で、デジカメで撮った写真を使ってテーマに沿った4コマを3作品作れというモノでテーマが「アマイ」。

    頭をパンクさせながら外へ飛び出し、フラフラ写真を撮り完成させ、いざ発表の場

    自分が作ったのがなんとも自信のないもので
    たしかボスの缶コーヒーのキャラが東京砂漠でベルギー大使館にチョコを探しに行くと沢尻エリカがもっとったー他3点、意味不明のができあがって、
    そんなシュールさ100%の作品の発表順が端っこにいた自分が一発目で、

    一発目なんて場の空気もあったもんじゃない

    1コマずつ読み上げ、オチまで持っていって、「はい、終わりです」と。


    黙って座って、隣の女の子。

    その子は自分の作品が終わったあと
    「えっとー、この作品はアマイを自分の就職活動の心構えの甘さということでかけて考えました」

    「えーー!4コマに解説していいのかよ!!!それって、ボケて自分のどこが面白いのかわざわざ説明してるのと一緒じゃーん!」と、無言でつっこみ。

    しかし以下、他全員自分の作品解説。



    !?

    そうなの?解説していいの?
    一人解説なしで、サムイ系4コマを発信して座った自分は、なんともうまい具合にまとめられた他の人達の4コマを見ながら後悔したのでありました。

    結局最終手前で落ちたし。

    でもあのグループのメンバーの4コマで自分的に面白いなって思うのはなかったけどねー!

    負け惜しみだけどねー!



    4コマだと和田ラジヲの漫画が好きです。
    【2008/01/08 21:17】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。