日記キノココアララッパガリア餡子呼吸宇宙海ミトコンドリア愛してる。



PROFILE
kajutaka
  • Author:kajutaka
  • 1983年10月20日生
    好きな食べ物:sushi
    たぶんこの食べ物になら、一回の食事でいくらかけてもよいと思う。
  • RSS


  • カンチョーセヨ
    CALENDER
    11 | 2007/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 最近欲しいものー「クルーザー」(09/18)
  • 帰りの電車、駅のホームに下りるといつも同じ場所にいる(03/09)
  • レディヘ来日ライブ(02/11)
  • あらがきゆい(02/10)
  • 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう(12/17)


  • RECENT COMMENTS
  • プログのヒト(09/18)
  • しか(03/16)
  • しか(03/15)
  • nabe(03/04)
  • しか(02/28)
  • しか(01/11)
  • しか(01/11)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (8)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (15)
  • 2006年01月 (14)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (14)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (15)
  • 2005年05月 (20)
  • 2005年04月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (82)
  • 映画の話 (10)
  • まとめ (3)
  • 音楽の話 (19)
  • 小説の話 (4)
  • 若い自分から見たモノ (76)
  • コイバナ (6)
  • 旅行 (14)
  • ハプニング話 (16)
  • ニッキ (75)
  • 尊敬人 (1)
  • 就活的事象 (3)
  • LUMIX DMC-LX2 (3)


  • LINKS
  • てきと~に一休み
  • 怪文書 ON THE WEB
  • COLORFUL HEARTS
  • プログ
  • Knives Inner ScenariSt
  • -こちやま跡地-
  • yaneurabeya.net
  • がぶがぶDIEアリー
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    16:9では収まりきらない夜景
    P1000675.jpg

    P1000679.jpg

    P1000681.jpg



    ちょっと軽く足を伸ばして神戸に行ってきました。


    1000万$の夜景を見に行きました。


    100万$って言ったら、おっちゃんに「1000万$だ」と言い直されました。
    予想GUYでした。


    兵庫,大阪,奈良(か京都)の人口を合わせたら大体1000万人らしく、その人たちの町の明かりが見下ろせるということで1000万っていう数字らしいです。

    日本三大夜景が函館山、六甲山、稲佐山らしいので、残すところ長崎の稲佐山です。
    しかし、新日本三大夜景もあるみたいなんで、その辺ものんびり行けたらよかですね。


    P1000670.jpg



    神戸の人は神戸を愛してました。

    おれも神戸愛してーって思いました。
    神戸は昔から貿易の街とのことで、異人館とかも今でも残っていて、イイ感じに西洋の文化がミックスされていて、レトロでモダンで
    「住めって言われたら、マジ住んでもいいぜ」って思いました。




    ついでに調子こいて、大阪も軽く行きました

    P1000757.jpg

    P1000753.jpg


    こいつが噂の通天閣。
    まさにシルバーで、色気も何もないあたりが無骨で骨太でした。
    無骨で骨太とはなんとも大きな矛盾!IT’S SO COOL!!!

    道頓堀でお好み焼きとたこ焼きを食べ、新世界で串カツを食いDAORE!IT’S SO COOL!!!

    毎日バイト先でお好み焼き食ってるのにもかかわらず思いました。

    お好み焼きうま。

    もはや寿司とツートップを争いかねないお好み焼き選手です。
    おれが監督だったら間違いなく起用です。

    ただまぁまだ、寿司のワントップでトップ下お好み焼きってとこです。
    ちなみにGKは小籠包です(意味不明)




    年の終わりに1年を振り返ったりとか、なにやら必要に迫られてやってきたけれど、振り返るほどの価値が過去にあるのかわかりません。
    振り返るなら、とっくに気付いた段階で振り返ってると思うわけです。
    結局は今何をすべきかがすべてだと思った1年でした。
    だから「これからは~しよう」とか、やる前に言ってもしょうがないし、全てを打破するものは行動であると、過去はどーあれ今の自分が最終決算品であると、そんな風に今の自分は思います。



    最後にうちの犬チェリー(10歳♀)でお別れしたいと思います。

    P1000615.jpg


    P1000616.jpg


    よいお年を!

    スポンサーサイト
    【2007/12/30 20:51】 旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    ジョンレノンはゴッドという曲でビートルズを否定した。
    昔から人間の究極というのは『仙人』のような感じの人間だと思っていて

    それならば僕は仙人の様な人間になりたいなと

    じゃあ仙人とはどんなひとなのかと考えてみると、『すべてを赦せる人』じゃなかろうかと

    じゃあ赦すというのはなんぞやと

    それは認めるということなんじゃないかと、理解した上で認めると。

    じゃあ理解するとはどういうことかと

    知識として得るだけではなくて、実際にその立場になって初めてわかることではないかと

    じゃあやはり、いろいろなことに好奇心を持って触れねばと

    うむ。そうだ、その通りだと。


    しかしながらいろいろなことに関心を持つのはいいけれど、やはり眉唾。
    浅いのではないかと。

    いろいろな好奇心を持つということは一つに絞りきれないということもあるんじゃないかと。

    そして全てを赦すということは、どちらにも寄らないということにもなるんじゃないかと。

    ある意味不干渉で無関心じゃないかと

    何か責任を放棄してるんじゃないかと

    責任感が達成感を生むんじゃなかろうかと

    無我って・・・なんて無茶なのかと、

    認めた上でも否定するものは否定したいと

    ぶっちゃけ認めたくないものなんて山ほどあるんだよ、と

    理解しがたいことも山ほどあるんだ、コノヤロー!、と



    仙人への道は遠いなぁと

    仙人より何かの職人になりたいよなぁ、と

    仙人のことはまた今度考えよう、と


    ひょうひょうと、飄々と。
    人間らしーーーーく、生きたい、と。

    LUMIX DMC-LX2
    鳥取写真
    学科免除の特権を行使して、観光観光観光。

    ◆鳥取砂丘

    P1000540.jpg


    P1000534.jpg


    思っていたよりもだいぶ砂漠で、砂埃が舞いまくりでデジカメが壊れてしまうんじゃないかと不安でドキンドキーン。

    P1000501.jpg


    こんな感じで砂が丘状に盛り上がってる箇所がいくつかあって、そこから海岸線を眺められる。
    でも一人で行ったのでなんだか砂漠のように心がカラッカラだぜ。


    ◆三徳山ー「投入堂」

    鳥取と言えば砂丘!の他に国宝があった!
    国宝・「投入堂」(なげいれどう)

    まず入山料を払い、投入堂まで行きたいと言うと
    「じゃあ靴の裏見せてください」

    我がオールスターの裏側を見せる

    「全然ダメですね。それじゃ登れません」

    !!!

    「上で、わらじを買って入山してください」
    P1000575.jpg


    三徳山は本堂までは、簡単に行けるが投入堂までは舗装されていない山を登らねばならず、オールスターは入山を許可されずわらじを履いて、さらにたすきも渡され投入堂まで登ることに。
    P1000547.jpg


    木のツタを登り、おじさんおばさんに紛れ一人で登る。
    ここでも寂しくて、おじさん達と話しながら登る。

    P1000563.jpg


    道中、鎖でぶら下がりながら登る箇所もあり、なんとも頼りなさげに見えたわらじは思いのほか足になじんで滑らず、昔の人の恩恵にあずかる。

    P1000555.jpg


    山の斜面に突き出るように出ている休憩所。なぜか柵なし。
    ちょうど紅葉の時期で山に色が付いてなかなか綺麗だった。

    P1000562.jpg


    木のツタを登り、おじさんおばさんに紛れ一人で登る。
    ここでも寂しくて、おじさん達と話しながら登る。
    カラフルな服を着たオカマみたいなおじさんに「一人で来たの?エライエライ」と頭をなでられ身の危険を感じる。

    P1000570.jpg


    国宝・「投入堂」
    どの辺が国宝なのかを真剣に考える。
    やはり、あれか。
    崖にいきり建ってる、建築的に難しそうな技術にあるんだろうか。
    そして何を投げ入れるのか。
    ナゾは深まるばかりであるが、1時間もかけて登った達成感で意気揚々と下山。


    ◆浦富海岸ライン
    教習所の教官にバイクレンタル屋があると聞きつけ、数時間だけバイクをレンタル。

    P1000586.jpg
    スズキ・バンバン

    レンタル料金の高さにビビッたが、別名「山陰の松島」と言われる海岸ライン。
    せっかくだから走っておこうとチャーター。

    久しぶりのマニュアル車に坂道発進でエンストしまくりで、うしろの車に迷惑かけるが逆に興奮。
    こえー!が、しかし!!URYYYYYY!って感じだった。

    夕暮れを見ようと思って出たので、気温見たら11℃。
    北海道のとき2℃だったのでいける!と凍えながら走る。

    P1000589.jpg


    P1000599.jpg


    さすが山陰の松島。綺麗だった。とトゥギャザーに寒かった。

    P1000603.jpg


    本当は、海岸ラインかっ飛ばして、そのまま鳥取砂丘で夕日が沈むのを見ようと思っていたけれど、道に迷って間に合わず・・。ここで日の入り。

    ってかむしろ海岸沿いに走ってたはずなのに、なぜか浦富海岸に逆戻りしていた。
    不思議だぜ。



    P1000597.jpg


    そして、ここからの景色が鳥取ナンバー1でした。


    おしまい
    【2007/12/13 20:40】 LUMIX DMC-LX2 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    合宿DRIVING SCHOOL
    日本男子の24歳の7割はゲットしてるだろう資格を取りに合宿に行ってきました。
    そう、普通自動車免許。

    男ならもはや持ってなければならない資格ナンバー1である。
    それをさし置いて先にバイクの免許取ってバイク買って、占めて80万ほどの出費をしてかれこれ数年、
    24歳で四半世紀GDPMAXに達し、余裕が出てきたので2月の学生生活最大イベントを踏まえて、頭で放つ一言「機は熟した也」。
    みんなが学校行ってる間に行ってきました

    TOTTORI

    合宿免許センターのおっちゃんに「東北にしなよー」という忠告を無視していざ西日本。
    大学1-3年のJAPANTOURで三重県より東は一応行ったので初西日本(沖縄除く)

    砂丘以外何も思いつかなかったけど、まあいっかーと深夜バス11時間


    免許合宿って行っても、自動二輪持ってるので学科免除で実技のみで、授業はほぼ午前中で終了。

    めっちゃヒマで死んでしまうかと思った。



    この時期は合宿生は少なく、始めの一週間は寮に1人しかいなくて
    飲酒運転で免許取り消しになり免許取り直しの奈良県からきた25歳のタイセー君


    最初の一週間は昼間授業終わったら、おれはテキトーに観光行って夜はタイセー君と別の寮の19歳の大工の滋賀県から来た彼と3人で飲むという毎日だった。

    二人とも高校中退で、タイセー君は大学も中退。
    「おれ鑑別所は入ったことあるんすよ」と突然カミングアウトする19歳というヤングな彼。
    酔うと
    「自分が正解や。誰に何言われようが自分が正しいと思ったことが正解なんや」
    「どっちかっつーとおれは考え方右よりやな」と毎晩熱く語りだすタイセー君。
    二人ともなかなか波乱万丈で、でも感じのイイ二人で飲みすぎておれは吐いた。

    合宿2週間で4人くらいと仲良くなったけど、みんな高校中退だった。

    どんな確率だよ!


    鳥取でビビッタのは電車じゃなくて汽車が走っていること。
    冬はディーゼルで動くらしい。
    鳥取駅でも汽車は一時間に一本でめっちゃ不便だった。

    寮の部屋に付いてるユニットバスのお湯の温度が低くて、寒くてめっちゃ腹たった。

    一度だけ、教習所で働く28歳くらいの人と飲んだ。
    教習所は少子化の影響をうけ、地方は経営が微妙だと言っていた。

    地方は大変なんだなぁと感じた合宿in鳥取

    一人でも平気だと思ってたけど、意外に寂しかったin鳥取



    帰り際に19歳の彼が「じゃあ10年後に鳥取の寮の前で会いましょう」と行って去って行って、おれとタイセー君は割と曖昧な返事をした。


    【2007/12/10 06:53】 旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |

    LUMIX DMC-LX2
    ○スケジュール帳の80%がアルバイト 夏の20%の其の弐○

    ツーリングで房総半島一筆書き一周しました。

    千葉→木更津→館山→鴨川→勝浦→銚子→千葉


    ◆木更津伝説の赤い橋から
    (おんぶして渡りきると二人は結ばれるってyo)

    P1000341.jpg


    ◆道中
    P1000343.jpg

    P1000346.jpg


    P1000356.jpg


    ◆館山ー白浜
    好きな映画の一つである行定監督「きょうのできごと」ラストシーン
    クジラが打ち上げられた砂浜。
    大体こんな感じのアングルで登場人物達が集まってくる。
    ちょい映画の世界に触れて興奮。

    P1000359.jpg


    ここで夕日が沈むのを見て、鴨川にて宿に宿泊。

    P1000366.jpg


    ◆鴨川にてー鴨川が見渡せる展望台的なサムシングより
    向かって左
    P1000378.jpg

    向かって右
    P1000376.jpg

    どちらも鴨川の顔なのです。

    ◆九十九里浜(ほぼ実家付近)
    P1000383.jpg


    ◆銚子までの道中
    ツーリングポイント的にはここら辺が一番走ってて気持ちえがった。
    P1000389.jpg


    ◆銚子ー地球が丸く見える丘より

    ぶっちゃけ地球が丸く見えても、地球のサイズ考えたら、ものっそ低い角度で歪んで丸く見えるくらいで、まぁ・・・どうってことないよね。
    って思っちゃった。
    P1000390.jpg


    ◆銚子ー房総の隅っこ犬吠崎
    P1000397.jpg


    ◆「完!」ー東映のオープニング現場

    P1000404.jpg



    【2007/12/01 23:47】 LUMIX DMC-LX2 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。