日記キノココアララッパガリア餡子呼吸宇宙海ミトコンドリア愛してる。



PROFILE
kajutaka
  • Author:kajutaka
  • 1983年10月20日生
    好きな食べ物:sushi
    たぶんこの食べ物になら、一回の食事でいくらかけてもよいと思う。
  • RSS


  • カンチョーセヨ
    CALENDER
    06 | 2007/07 | 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 最近欲しいものー「クルーザー」(09/18)
  • 帰りの電車、駅のホームに下りるといつも同じ場所にいる(03/09)
  • レディヘ来日ライブ(02/11)
  • あらがきゆい(02/10)
  • 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう(12/17)


  • RECENT COMMENTS
  • プログのヒト(09/18)
  • しか(03/16)
  • しか(03/15)
  • nabe(03/04)
  • しか(02/28)
  • しか(01/11)
  • しか(01/11)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (8)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (15)
  • 2006年01月 (14)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (14)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (15)
  • 2005年05月 (20)
  • 2005年04月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (82)
  • 映画の話 (10)
  • まとめ (3)
  • 音楽の話 (19)
  • 小説の話 (4)
  • 若い自分から見たモノ (76)
  • コイバナ (6)
  • 旅行 (14)
  • ハプニング話 (16)
  • ニッキ (75)
  • 尊敬人 (1)
  • 就活的事象 (3)
  • LUMIX DMC-LX2 (3)


  • LINKS
  • てきと~に一休み
  • 怪文書 ON THE WEB
  • COLORFUL HEARTS
  • プログ
  • Knives Inner ScenariSt
  • -こちやま跡地-
  • yaneurabeya.net
  • がぶがぶDIEアリー
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    知らないということを知っている
    テスト期間も終盤を迎えようとしていまして

    普段本とか映画ばっかみてんのに、突然理系科目の勉強するので頭が変な感じになる。

    でもなんか頭にはいいのかもしれんね

    偏りがとれてバランスが良くなるというか、そんな気はする。

    微分方程式解いて、エントロピーとか分子軌道とか勉強してると改めて「おれ理系だったんだー」と思う。
    今回は生物系科目を一つとっていて、そこでヒトの免疫システムで、好中球とかマクロファージとかNK細胞とかがウィルスと戦っている事実を聞かされると、よくできた人間の体に感心する。

    でも完全には作っていないからこそ、HIVとかガンに侵されたり、臓器移植の難しさがあったりするわけで、その不完全さのバランス感覚すらなんか意図されてるような気がして、そこに大いなるロマンを感じんね。

    授業でも「この部分はまだ未解明です」という部分がいくつかあったりして、そこにも大いなるロマンを感じんね。


    今でも少し憧れる職業:生物学者、民俗学者、教師


    この長い長い人生のどこかで方向転換して目指すことはあるだろうか。
    未来の自分のみぞ知る。


    今回最大の山場を迎えて、今日はおそらく徹夜。


    最近コーヒーが飲めるようになった。

    巷で言われているように目が冴える!ということを身をもって体感したからなんだけど、こんなのに頼らないと目が冴えないという事態がタバコと変わらず依存してるみたいなので、距離を置きながら付き合っていこかー。




    期日前投票しに実家帰ったときに、弟からくるりのニューアルバムとサニーデイサービスをゲットしてきたんだけど、どっちもイイっす。

    特にサニーデイサービスがめちゃイイ。なぜ今まで出会わなかったんだ!と思った。しばらくヘビロテ。
    くるりも力抜いて楽しそうに歌ってるのでこんな感じでイイと思う。くるりは最初のほうと最近のアルバムが好みです。
    日本はこんな感じのロックンロールとか打ち込み系のほうがが日本語の良さが出ると思うんだけどなぁーと個人的に思う。

    久々に邦楽に戻ってきた気がした。


    恋に落ちたら
    http://www.youtube.com/watch?v=1RN7-W8uOdI&mode=related&search=


    スポンサーサイト
    【2007/07/30 23:00】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |

    まかない毎日お好み焼きはさすがにあきるぜ!
    内定いただいたあとも、2社選考が残ってて地味に就職活動続けてまして、やっとこすべて終わった。

    終わってみればその二社とも最終までいった。
    一社は最終だと知らないで面接して、内定までいただいたけど断ると思う。
    もう一社は最終段階で辞退。

    どちらも最初に内定もらった会社より、選考が面白くなかったのと大きさも結構違うからなぁと。

    会社を自分で選んでやるぜ。なんて偉そうに始めたわけじゃないし、むしろ「一年遅れだし、制作ならどこでもいいや」とかまで思ってたわりに、結果的に会社を選んでる自分は一体何様でしょうかって感じだけど、なんとか無事イイ結果に終わって良かった。





    バイト先にて
    まだまかないのときだけだけど、お好み焼きの焼き手の練習に入った。

    作って、主任に持ってって食ってもらって、いろいろアドバイスをうける。

    「ちょっとやわいな」とか「空気もうちょっと入れな」とか

    最初にかき混ぜるときから焼き加減が変わってくるらしく、マヨネーズのかけ方も練習しないと手首のスナップがうまくきかないらしい。実際見た目にもわかるし、食感も微妙に違う。
    「お好み焼き奥がふけーーー!」と一人で思いながら練習中。
    自分が作ったモノが1000円とかで食われるという妙な責任感。

    さすがお好み焼きチェーン日本一。

    入ったばかりの頃、関西弁で怒られまくって「マジむかつくマジむかつく」を頭で連呼する毎日をおくっていたけれど、なんとか慣れたときには新人はドンドンと辞めていき、残り3人の中に生き残った。

    やたら怒られる職場だからか、開店時から残ってるメンバーなぜかみんな野球部出身。

    ホール現在新人一人(当初6人はいた)

    定着率低すぎるだろ!



    そんなホール人員不足の中、店長から通達が。

    「8月からホールに入ってくれ」

    は!?おれの焼きの練習は・・?

    ぐぐぐぐぐ。





    むきーーな毎日。


    【2007/07/20 21:06】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    コチコチ頭の自分やその他の者へ。
    みんな生きてるから、みんなその間にいろんなことがあって、いろんな経験して反省して次に生かそうとする。

    そりゃ後悔だってする。

    「もっと早くこのことに気付いてれば」って。

    年齢を重ねると自分の環境の中に自分よりも年下の人だって出てくる。

    例えば、教える立場だったりしたら、きっとその人にいろいろ教えたくなる。

    「自分がもっと早く気付いてれば」って思ったいろんなことを、その人に自分が伝えることで、その人のためになればいいななんて考えながら。

    「お前のことを思って言ってるんだぞ」って。
    「これを今のうちから知ってたら社会に出たら楽だぞ」って。



    自分が5年後に気付いたことを、今気付いたら。

    昔の自分に言うかのように。


    大学1年のとき同じこと思って塾講してたけど、いざ自分が年上に言われる立場になって考えたら、本当に伝わるのかなぁって思った。


    むしろ5年かけて気付くことは5年かかってもいいんじゃないかと最近思った。もうその人なりにいつ気付いたっていいし気付かなくたっていいかもしれん。


    過去の自分が未来に意見してもいいけど、今の自分が過去の自分に意見するのはどうなのだろうか。
    のび太の孫はのび太にドラえもん送り込んだって大して変わらないやん。


    「おまえのためを思ってるんだぞ」なんて自己反省のための自己満足かもなぁ。

    昨日の自分は別人で、あしたの自分も、未来の自分も別人で、今もってる経験値で毎日戦う自分が自分。


    最近、自分に苦手なことがだんだんと露呈してきて、きっとこれから必要になってくるだろうなぁってわかってるから。
    人並みくらいにはしたいなぁと頑張るから、もうちょい長い目で見ててください。すいません。



    異文化交流屋
    フランス人は家のディナーに招待されたとき、招待された側はわざと15分遅れて行くという文化があるらしい

    それはちょうどの時間に行って、もしホスト側が準備まだだったら失礼じゃないかという理由で。

    でもそんな文化のあるフランス人も外の待ち合わせに遅れると怒る。
    フランス人は「キミのために遅れたんだよ」と言い訳をして決して謝らないんだって。

    一方、イタリア人は平気で一時間も二時間も遅れてくるんだけど、それに対して怒るとめっちゃ謝るらしい。

    中国人はホスト側が料理を多めに注文して、すべて食べきらない。

    それは全部食べてしまうというのは「足りない」という合図に見えるから招待される側もわざと残すという文化がある。

    一方、日本は出されたものは全部食べないと「おいしくないんじゃないか」ととられると思い、すべてたいらげる。


    世の中にはいろんな文化があって、どれも人付き合いを円滑にするために生まれた文化だ。


    そういうの聞くと自分の価値観なんかすっとんじまって、ペタペタと平らにしてしまいたくなる。


    先日一年間ニュージーランドに行っていた元バイト友達が一ヶ月間だけ帰ってきていて、そのほかバイト引退メンバーと飲んだ。

    ニュージーの話を聞きつつ、昔オーストラリアに住んでて今はそのバイト先で鉄板をしている人とたまたま隣になって、フランス映画と日本映画の共通点から、なにやら文化の話になっていった。
    その人は今の日本の若者のモノの考え方が狭いと嘆いていて、一応若者の自分は、少し否定しつつディベーティング。

    自分はヨーロッパ文化とかより、東洋系の文化のほうに関心があるし、アメリカとかヨーロッパに対するなんか劣等感のある日本人な感じがキライだったので、そんな流れから、英語圏の人は日本に来ているのに日本語を使わないのはナゼだ!という話題に。

    そしたら「昔、私もそう思ってたけど、でも意外にみんな日本のこと知ろうと旅行中努力してるよ」と言われて「ぐぬぬぬぬ。そうかも知れぬ」と思った。

    よくよく頭を冷やせば、タイに行ったときも中国のときも結局英語使ってんだもん自分。

    そもそもなんでその人達が日本に来てるかって日本に関心があるからだし。


    そんな反省をしながら気付いたら、ニュージー友達と二人で夜中三時に千葉に居たので、二人でカラオケ行ってチャリ2ケツでうちに帰った。

    少し酔ってて彼と何はなしたかはあんまり覚えてないけど、雰囲気から察するに彼はいろいろ悩み考えてるようだった。
    来年はお互い25歳だ。現実はそうそう甘くはないんだろう。
    海外に行くことはきっと目的にはならないから、その先にあるものを見なきゃならんのだ。

    とりあえず日本人は白人ってだけで弱いので、白人の方々には「日本の女はラクチンだ」とワールドワイドに広がってるらしい。

    そうして今月頭からまた一年ほどニュージーランドへと帰っていく。

    たぶんどんなに世界中旅行しまくっても、自分は日本に住むだろうなぁって思った。
    だって日本語以上にしゃべれるようになる言語が出てくるとは思えないし、あいまいな日本語で表現できるものが結構好きだと思うからだ。

    まぁまだ世界各国言ったこと無いので、一応暫定で。




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。