日記キノココアララッパガリア餡子呼吸宇宙海ミトコンドリア愛してる。



PROFILE
kajutaka
  • Author:kajutaka
  • 1983年10月20日生
    好きな食べ物:sushi
    たぶんこの食べ物になら、一回の食事でいくらかけてもよいと思う。
  • RSS


  • カンチョーセヨ
    CALENDER
    03 | 2007/04 | 05
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 最近欲しいものー「クルーザー」(09/18)
  • 帰りの電車、駅のホームに下りるといつも同じ場所にいる(03/09)
  • レディヘ来日ライブ(02/11)
  • あらがきゆい(02/10)
  • 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう(12/17)


  • RECENT COMMENTS
  • プログのヒト(09/18)
  • しか(03/16)
  • しか(03/15)
  • nabe(03/04)
  • しか(02/28)
  • しか(01/11)
  • しか(01/11)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (8)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (15)
  • 2006年01月 (14)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (14)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (15)
  • 2005年05月 (20)
  • 2005年04月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (82)
  • 映画の話 (10)
  • まとめ (3)
  • 音楽の話 (19)
  • 小説の話 (4)
  • 若い自分から見たモノ (76)
  • コイバナ (6)
  • 旅行 (14)
  • ハプニング話 (16)
  • ニッキ (75)
  • 尊敬人 (1)
  • 就活的事象 (3)
  • LUMIX DMC-LX2 (3)


  • LINKS
  • てきと~に一休み
  • 怪文書 ON THE WEB
  • COLORFUL HEARTS
  • プログ
  • Knives Inner ScenariSt
  • -こちやま跡地-
  • yaneurabeya.net
  • がぶがぶDIEアリー
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    古今
    短距離が好きなのに、マラソンを走っているような感覚で生活をしている。

    自分でライン決めて「ここまでは絶対にやるぞ」って思って生活しているからか、どうにもいつにない圧迫感が最近ある。

    自分で踏ん切りがついて動いているつもりなので、考える余地はないはずだけれど、その考える余地をなくしてる感覚が怖いなとも思う。

    なるべく物事は一方向だけじゃなくて違う側面も考えていたいから、きめつけて考えたくないと前から思ってて

    でもその一方で去年自分が学んだこととして「なぜ」を考えたら、そのあとは「決める」ということをしないと「行動」につながらないんじゃないかと思ったわけなんです。
    あくまで自分にとって動くにはって話だけどね


    今年は去年より動けている自分がいて迷いも特にない自分がいる。

    でも人と話していて前より柔軟に考えられなくなったなぁとしみじみ感じるときが多い。

    いや柔軟って何なのかっていう話は置いておいて、バイトの人とか話してても「なぬ!それでいいのか?」とか思ってしまう自分はなんかなぁと時折思う。頭堅いなぁ。自分の考え押し付けてんなぁ。と思う。
    口には出さないけど、ぽわんってその考えが浮かぶ時点で言うか言


    なんか書いたのに編集しなおしたら文章が切れてるぞ。

    まぁもういいや。


    一度書いて頭の中整理できたからよし!



    スポンサーサイト

    つれづれつれづれ
    銃事件がアメリカ、日本で二件起きたとのニュース。


    あと数年したらアメリカではこの事件を題材にした映画が公開されるだろうなー。
    もしかしたら事件解明と同時にもう映画に向けて動き出してるのかもしれない。

    日本ではどうだろうなぁ。日本はフィクション性を好むような気がする。


    今期のドラマは話題が話題なだけに学園モノが多いですな。話題に飛び付いてるだけか、はたまたジャーナリズムがあるのか

    個人的には「未成年」の再放送もして欲しい。

    最近戦争モノとか社会的な映画が気になる気になる

    新しいバイトでキッチンを初めて体験し、エビのはらわたの取り方や、アスパラの下ごしらえの仕方やら、彩りある盛り付けのあるサラダがうまくできた瞬間はなかなか満足感があるわけで、ただまだぺーぺーなので皿洗いの多さに結構気が抜ける。

    myFM music tune
    就職活動で東京に降り立ち、会場に向かう途中で最近聴く曲がある↓

    http://www.youtube.com/watch?v=T3nHYtAwd2w

    チョー単純に「頑張るゾー!」となる。

    完全に一昔前のポップナンバーなんですが、なんかわからんがイイよ、これ。
    受験っぽいけど、就職活動にもいいと自分的には思うのでドウゾ

    「無くしたモノはいらないモノ ホンモノは手に残る」

    毎度いつもスーツ着たくねーなーと思う。違和感がめちゃある。汚れとか気にしなくちゃいけないし、動きにくいし、あまり良い所ないと思うんだけどね。
    スーツ姿で働きたいなーともあまり思わん。
    この前私服で面接した会社があって、私服のほうがリラックスできて良かった。

    さぁ、ではではついでなので自分が昔ハマった人達のナンバーでも。
    ここからは完全に趣味。

    自分の中学・高校生活ミュージックの大部分を占めた19と尾崎豊


    高校中退・ドラッグ・酒
    この男は日本のロックンローラー
    -scrambing rock'n roll-
    http://www.youtube.com/watch?v=8IqIETX-Gzo

    -freeze moon-
    http://www.youtube.com/watch?v=OTgPGSFl9W0

    -米軍キャンプ-
    http://www.youtube.com/watch?v=8D9LzI8npj4


    OZAKIは「I love you」とか「卒業」とか取り上げられがちだけど、他の曲もイイです。特にライブアルバムはOZAKIの熱いメッセージがあって、ロックンロールで相当イイです。

    なのでガガガSPが尾崎豊って曲で尾崎をバカだバカだって歌っているのを聴くと結構腹が立ちます。
    でも泥酔で死ぬのはカッコ悪いと思います。


    -卒業の歌、友達の歌-
    http://www.youtube.com/watch?v=5SXNBVvbeio&NR=1

    -すべてへ-
    http://www.youtube.com/watch?v=auJkcUuE7Hs

    ホントはファーストアルバム「音楽」が最高なのですが、ゆーちゅーぶになかったのでこの2曲で。
    自分はどっちかというとけんじより、少し影のあるケイゴのほうが声も雰囲気も好きです。




    では最後に最近聴いてる人
    sigur ros
    http://www.youtube.com/watch?v=k5SHiXSRa28

    http://www.youtube.com/watch?v=sWiJWLiSKro&mode=related&search=

    PVが子供とかダウン症の人とかが出ている。このPV見て後悔。ちょっとこれで好きじゃなくなっちったな。クリーンな純粋な音楽みたいな感じを出したいのかわかんないけどあんまりそういう露骨な演出は好きでない。
    特に下のダウン症の人達の見せ方がちょっと許せない気がする。見ている人に固定観念与えるし。

    Bloc Party second album
    http://www.youtube.com/watch?v=gCQjcw9JNUA

    oasis debute album
    http://www.youtube.com/watch?v=e5ZaHehjVPc
    http://www.youtube.com/watch?v=XV3-aZgSVkk



    i-tune がバージョンアップごとにカッコ良くなっていくので楽しみ。

    【2007/04/11 01:03】 音楽の話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    60分800字
    彼は空腹だった。
    もう丸一週間何も食べていない。食料を求めて、外を飛び回るもまわりは一面砂漠で何も見つかるはずがなかった。

    「おかしいな。去年ここに来たときはこんなに砂漠じゃなかったはずなんだけどな」そう空に向かってつぶやいた。
    この砂漠をつくったのは人間という生き物だということを知ったところで鳥である彼にとってはどうすることもできないことだった。

    彼はツバサをピンと張って低空飛行をしながら食料を求めた。
    ふと前方に一本の木が立っていることに気付き、そこに鳥の巣のようなものを見つけた。

    「食料があるかもしれない」

    彼は木に向かって速度を上げる。

    「もしかしたら親鳥がいるかもしれないが、生きるためにこの際戦いは避けられないな」

    そう思いながら、巣に乗り込む。そこには一匹の雛鳥と卵が一つあるだけだった。
    「親はどうした?」
    彼は雛鳥に聞く
    「僕のごはんを探しに行ったきり帰ってこないんだ」
    「そうか。」それと同時にお腹の空腹感が限界に近づいていることを思い出して
    「悪いな。おれとお前は同等の命だ。」
    そう言って雛鳥に向かって大きな口をあけた

    「しょうがないよ。僕はきっとあなたに食べられるために生まれてきたんだ。僕の分も生きてください」

    大きな口をあけた彼は躊躇した。
    本能とは別の何かが雛鳥を食べることをこばんだ。

    「人間みたいだな」そう言って彼は自らを笑った。

    そのとき雛鳥の隣の卵が突然動きだし、卵にヒビが入ったかと思うとそこから小さなくちばしが見えた。

    新しい命が誕生した

    「そういうことか。」それを見た彼は言った。
    「2対1。おれとお前らでは同等の命ではないな」

    そう言って、彼は空腹で息を引き取った。

    それを見た雛鳥はもう息をしない彼に向かって言った
    「人間みたいだね」

    数ヵ月後、その巣から一人前になった2羽の鳥が砂漠の空に向かって飛び立った。


    kadai


    【2007/04/02 12:33】 就活的事象 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。