日記キノココアララッパガリア餡子呼吸宇宙海ミトコンドリア愛してる。



PROFILE
kajutaka
  • Author:kajutaka
  • 1983年10月20日生
    好きな食べ物:sushi
    たぶんこの食べ物になら、一回の食事でいくらかけてもよいと思う。
  • RSS


  • カンチョーセヨ
    CALENDER
    01 | 2007/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 最近欲しいものー「クルーザー」(09/18)
  • 帰りの電車、駅のホームに下りるといつも同じ場所にいる(03/09)
  • レディヘ来日ライブ(02/11)
  • あらがきゆい(02/10)
  • 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう(12/17)


  • RECENT COMMENTS
  • プログのヒト(09/18)
  • しか(03/16)
  • しか(03/15)
  • nabe(03/04)
  • しか(02/28)
  • しか(01/11)
  • しか(01/11)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (8)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (15)
  • 2006年01月 (14)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (14)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (15)
  • 2005年05月 (20)
  • 2005年04月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (82)
  • 映画の話 (10)
  • まとめ (3)
  • 音楽の話 (19)
  • 小説の話 (4)
  • 若い自分から見たモノ (76)
  • コイバナ (6)
  • 旅行 (14)
  • ハプニング話 (16)
  • ニッキ (75)
  • 尊敬人 (1)
  • 就活的事象 (3)
  • LUMIX DMC-LX2 (3)


  • LINKS
  • てきと~に一休み
  • 怪文書 ON THE WEB
  • COLORFUL HEARTS
  • プログ
  • Knives Inner ScenariSt
  • -こちやま跡地-
  • yaneurabeya.net
  • がぶがぶDIEアリー
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    コツコツネリネリ道ヒラキ
    昨日からちょこちょこ粘って、エントリーシートを今日中に4つ書いて出す。

    そう決めて朝から試行錯誤。

    こういう些細な自分への約束をコツコツこなしていくことが今の自分には必要に思う。

    デカイことは奥のほうにしまいこんで、コツコツやろう。

    このコツコツが難しい。


    小学校や中学校、高校のクラスに何人かは絶対にいたコツコツくんたちを羨ましく思う。
    きっと彼らは今頃そのコツコツから大きな実を結んでいるのかもしれない。素晴らしいです。
    そういうことが自分の中で本当に腑に落ちるまで時間がかかる。

    まぁそれくらいの遠回りすら何かの縁なのかもしれないけれど

    気付いたらあとはまっすぐいけるしさ



    正直に書いていると思っていたエントリーシートはよく見たら正直に書いていなかったことに気付いた。
    もっともっと正直に書けるはず。
    もっと文章に感情をくっつけねば。
    人に渡すものなんだから


    練り練り練り練り練り。


    くるりのギター脱退・・・!
    スポンサーサイト

    ベイジンジャーニー
    とりあえず帰国いたしました。

    やっぱ外国はいいなー。いいっす!

    文化が違ってイライラしたりもあったけど、それも含めて刺激度大
    場所が海外になっただけでみんないつものテンションでめちゃ楽しかったす


    今年もう一度この島国を出るべくいろいろとやるべきことをやろ
    まずはバイト探さなきゃだぜ!
    新しい環境ウェルカム

    中国は英語あんま通じないけど、やはり英語は必須。
    全然ダメだった・・・・。



    いつか大地殻変動が起きて日本海が隆起しまくって日本が他国と陸続きになったりして、国境横断鉄道とかできたりしてほしい。


    しばらくしたらざっくばらんにまとめます。では
    【2007/02/23 21:21】 旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    島を出よ
    何日か音信不通になります

    場所は探さないでほしいアル。
    【2007/02/18 02:56】 旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    ミーハーな毎日
    メタルギアソリッド4がPS3で出るらしい。

    メタルギア大好きな自分としてはやりたいところではあるけれど、PS3はいかがなものか!


    メタルギアソリッドは当時ゲームにそんなにハマることのない自分をめっちゃ食いつかせたゲームである。

    当時敵と対戦して物語を進めていくゲームが主流だったのかわかんないけど、そんなんばっかで敵と戦ってわざわざレベルを上げていくという過程がすごくめんどくさくて長続きせず。

    そんな中メタルギアソリッドは「敵に見つからずに潜入してミッションをこなす」といううたい文句で発売されて、「なぬー!買いやー!」っていう感じの勢いで友達に借りた。

    ストーリーはロシア兵が密かに核開発をすすめ二足歩行型核搭載戦車「メタルギア」を開発したとの知らせをうけ、主人公ソリッド・スネークがそれを阻止するだかで潜入

    もちろんスネークというスペシャリストとなると武器等は現地調達だ

    このスネークの声がメチャ男前なんだが、そんなことよりも大佐と連絡とりながらミッションを進めていくにつれ話はあらぬ方向にずれスネークの所属している隠密部隊フォックスハウンドに裏切り者がいると発覚し、あわやあわやと衝撃的展開として、敵として追いかけていたリキッドによる暴露でリキッドもスネークもビッグボスという男のクローンだということが発覚する。

    自分が誰かのクローンだという上に、ビッグボスと同じ年齢と共に死を迎えるという事実。

    そしてクローンは子孫を残せない。

    この展開がアツゥイ!!!

    そういう中でスネークがスネークとしてどう生きるかを選択するっていう流れがアツイんすよ!!

    さらに核とか環境問題とか社会的な側面もあって、シナリオがしっかりしてて、さらに敵に見つからずに進むというドキドキ感がたまらん


    メタルギア2ではライデンという新人スペシャリストを主軸に、スネーク扮する男と共にライデンの過去とが明らかになっていってライデンもライデンとしてどう生きるかっていく岐路に立たされるわけなんです。

    で、なんでそんなにメタルギアにハマったかって、
    ちょうどメタルギア2が出てる頃に思春期のワタナベ少年は漠然と
    「こうやってただ生活して結婚して子供作っておじいさんになって死ぬっていう流れを大きく見たらー、別にその辺にいるアリンコとか動物とかと変わらんよなぁー。じゃあなんなんだろこの生活はー」
    と思春期ボーイ真っ只中で、モンモンモンとした生活をしていたときだったからだと思います。


    仲間として手助けしたオタコンというメカ博士とライデンと共に戦場をあとにして「これからどうする?」という問いにスネークがあのシブイ声で言った一言に少年ワタナベにはガツンとくる言葉があって

    影響されやすい僕はたぶんそれからマンガとか映画とか集めだしたんだと思う

    スネークは自分の中の漢の一人です。


    メタルギア4ではなんとスネークがビッグボスの年齢に近づいていく=死が近いというシリーズ完結な設定らしい。
    うへー、それ聞くだけでマジよだれでるくらいやりてー。


    あ、なんかおれミーハーだ。



    ウンコチシン
    朝早くに起きて、免許センターに免許取られに行った。

    みんな停止期間の短縮講習受けてたけど、自分はお金ないし学校もしばらくないし、そのまま自粛することにした。


    ここ数年類稀な勉強させてもらったからいっか。
    って思うしか救いの道はないぜ。



    そんなわけで、しばらくバイクのレンタル屋さんになるのでバイク借りたい方は僕まで☆




    家に帰ったらテレビでニートの特集やってて見てたら、ホントに根っこから腐っちゃったような人(28歳)がでてきて、
    「自立しようと思わないんですか?」という司会者っぽい人の質問に対してそいつが「いや、そもそも自立する必要がないんですよ。自立しなきゃいけないっていう世の中が間違ってる」みたいなこと言ってた。
    さらに親が働いて年金もあるうちは働かないって高らかに宣言してて、見てて「・・・はぁ、あっそ」って感じだった。

    でも、今の世相って昔から押さえつけのように教えられたある意味伝統的な考え方っていうものは否定されやすいのかも。
    自分も「昔からこうなの」っていうことって「なんで?」って思っちゃうタイプだし、そこに大した理由なんてないんだったらいらねーよみたく考えちゃうあたりが現代っ子。

    そんでこの変に頭のいいニート君は(ミートじゃないよ☆)
    「親孝行しなさい」←なんで?
    「大人は自立しなければならない」←なんで?
    「人は助け合わないといけない」←なんで?

    なんでなんでループに取り込まれてんだろうね

    今なら言えることかもだけど、そういうのって単なる揚げ足取りっすよね。
    国会の質疑応答。

    きっとこの中途半端に頭のいいミート君は「だからおまえは何がしたいの?」っていう質問が一番難しいのかもしれん

    映画『グッド・ウィル・ハンティング』の主人公のウィルもそういう意味でニート。


    人は何かどこか押さえつけられて生きていくほうがいいのかもしれん。
    制約や反発の対象があったほうがいいのかもしれん。
    マニュアル出まくりだから、みんな変に器用で人とぶつかり合わないで、そつなく生きているのかもしれん
    「あの子はあーいう人だからさ」とかいうのは別にその人認めてないのかもしれん。

    温故知新。



    おんこちしん


    ひらがなにするとまぬけ。


    うんこちしんじゃないよ


    シーズざデイ
    久々にバスケして、そのまま飲んで、酔っ払ってふらふらして、タイゾーの家に泊まり、朝から卒論発表会に顔出して、船橋プラプラして、家帰ってかぼちゃの煮物と秋刀魚焼いて、味噌汁にワタリカニなんか入れちゃってダシでまくりで、かぼちゃも秋刀魚もめちゃうまくて、うひょー満足だわー。

    っていうのいいね。
    【2007/02/09 01:18】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    溜息の溜まる池
    「あなたは私の鏡です」

    「あなたは私の鏡です」


    僕が怒ればあなたも怒るし、僕が笑えばあなたは笑う。




    ダンコたる決意が必要なんだ
    寝て起きて寝て起きて

    冷めた頭で考えても特に大きな反省点が見当たらなく

    「別に間違っちゃねーな」という結論にいたったとき、たぶん他の人から見たらどう捉えられるのかわからんけれども自分的には、その感覚は正しいんだと思う。

    むしろ間違ってても強引に正解にしてやろうという心意気くらいは欲しいもんですよね。


    就活にしても何にしても自信のなさってのはきっと見抜かれてしまうなぁ。



    まぁ人生いろいろ。




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。