日記キノココアララッパガリア餡子呼吸宇宙海ミトコンドリア愛してる。



PROFILE
kajutaka
  • Author:kajutaka
  • 1983年10月20日生
    好きな食べ物:sushi
    たぶんこの食べ物になら、一回の食事でいくらかけてもよいと思う。
  • RSS


  • カンチョーセヨ
    CALENDER
    06 | 2006/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 最近欲しいものー「クルーザー」(09/18)
  • 帰りの電車、駅のホームに下りるといつも同じ場所にいる(03/09)
  • レディヘ来日ライブ(02/11)
  • あらがきゆい(02/10)
  • 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう(12/17)


  • RECENT COMMENTS
  • プログのヒト(09/18)
  • しか(03/16)
  • しか(03/15)
  • nabe(03/04)
  • しか(02/28)
  • しか(01/11)
  • しか(01/11)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (8)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (15)
  • 2006年01月 (14)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (14)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (15)
  • 2005年05月 (20)
  • 2005年04月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (82)
  • 映画の話 (10)
  • まとめ (3)
  • 音楽の話 (19)
  • 小説の話 (4)
  • 若い自分から見たモノ (76)
  • コイバナ (6)
  • 旅行 (14)
  • ハプニング話 (16)
  • ニッキ (75)
  • 尊敬人 (1)
  • 就活的事象 (3)
  • LUMIX DMC-LX2 (3)


  • LINKS
  • てきと~に一休み
  • 怪文書 ON THE WEB
  • COLORFUL HEARTS
  • プログ
  • Knives Inner ScenariSt
  • -こちやま跡地-
  • yaneurabeya.net
  • がぶがぶDIEアリー
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    千葉テレビ
    で「高校野球ダイジェスト」を見た。
    別に野球ファンでもないけど感動するなぁ。
    団体競技の良さかも。


    関係ないけど、総理候補の谷垣大臣はなんかやさしそうだけど、サラリーマンみたいやね。

    スポンサーサイト
    【2006/07/28 23:43】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    闇ってのはすべての色が混ざり合ってるから闇になってるんでね
    自分の危機回避能力にあきれ返る。

    最近、家にも帰るの遅いし、ゴハン作ってもらっても食べないで寝たり、犬の散歩行かないし、皿洗いしないしで、完全に家に対して非貢献的なことしかしてない。

    そんな自分に母親も怒りだし、小言を言うようになる。

    「あぁ、よくないな。迷惑かけないようにしよう」

    そう思い始めたとたん再び迷惑をかける。

    ・・・・・はぁ。

    誰かおれの頭に「危機管理能力」をつけてくれ・・。


    帰りに久々にバスに乗って帰った。
    うちまではバス亭から、25分くらい歩く。

    バスを降りて、家までの田舎一本道をとぼとぼ歩く。
    顔を上げれば、視界に入るのはほとんどが緑で、タンボも今が一番青々としている時期。
    どっかでウシガエルが鳴いている。あたりは草の匂いで満ちて、今まで自分が親に迷惑をかけたなぁって出来事を思い起こしていた。

    自分は長男なのにもかかわらず、兄弟で一番問題児だろうと思う。

    小学校のとき、カラースプレー拾って自衛隊官舎に落書きしまくって、父親と一緒にブラシ持って消しに行ったこと。

    学校ではしゃぎすぎて、友達から全速力で逃げ回って、角で出会い頭に女の子と衝突して、唇を大きく腫らしてしまい、母親と一緒に謝りに行ったこと。

    川遊びで、足のつかないところに踏み込んで、下流まで流される。

    友達と石の投げあいっこして、石が頭にヒットして流血。

    背が伸びないので、病気かと疑われ、病院で入院検査。

    実家の山形で、弟と雪の中を探検していくうちに、弟を見失い、誘拐疑惑騒動。

    原付で居眠りして、スライディング転倒。

    原付で人身事故。

    んで、火事。

    今まで財布を無くした回数は計り知れず。
    学生証4枚目・免許証も3枚目。

    考えれば考えるほど、なんという注意力のなさなのか自分自身に不快感を抱かずにはいられない。
    未来予測能力欠如。

    田んぼの青さを見ながら、「リリィ・シュシュのすべて」な気分になる。
    耳からはコールドプレイ。

    田んぼを見ると必ず思い出す。

    明らかに意図されて撮られただろう「タンボの中で音楽を聴く主人公」の画がずーっと頭の中にある。

    体中の節々が痛くて、迷惑かけまくっている自分に自己嫌悪になって、やらなければならない期限付きのモノが多すぎて、それに優先順位をつけてこなすのもおっくうで、頭がパンクする、すべてがどうでもよくなる瞬間がある。
    すべてに責任を負いたくなくなる瞬間がある。

    それでも、それはずっと目の前にあって、なくなるわけではないから、ため息をついて、前に進む。



    頭の整理整頓
    もう周りには告知してますが、今年おれは卒業しません。

    単位が足りないから、っていうわけではないけれど、まぁ結構頑張らないと卒業できないことは事実ですが、その決断が「逃げ」ととられてもまぁしょーがないです。

    でもまぁ考えた結果。

    事実は事実で自分自身が「逃げ」だと思ってないのなら、逃げではないし。

    そのかわりもう一年いることで発生するリスクは全て覚悟するつもりで行動します。
    そういう意味での決断なので。

    ただ単純にもう一度就職活動をしたいと思ったから、っていうのと学生の間にまだやり足らないことがあると感じたから、っていうのが簡潔な理由。

    んで、あんま考えすぎるのは辞めようかと。

    いくら考えていても、それが行動につながらないと、考えたことは相手には伝わらないんだと今更ながら感じた。

    たぶん、そういう自分が就職活動に出てた。

    「なんでみんな就職するの?」

    とか、マジどうでもいいんですよ。そんなこと考えなくてもめちゃめちゃ頑張ってる人だっているんだし

    「その質問はわかるけど、じゃあそのためにその疑問を解決するために具体的におまえは何をした?」
    と自分に問いかけて止まる。ウジウジ考えて、何もしてないな。

    だからもう自己完結撤廃。

    これからは「何を考えた」より「何をした」かを考えよう。


    もっと人と関わっていきたいから、もっと話を聞ける自分になろう。
    そのためにもっと人と話そう。

    「人は人」「自分は自分」って言うことで、反面的に人との干渉をすることを怖がってた気がする。人と積極的にぶつかれないから、そう言うことで逃げてた気がする。

    「自分は~な性格だから」って言い訳するくらいなら、「自分は~な人になりたい」と思うことで、「じゃぁどうやったらなれるか」という点に到達したい。

    そうすれば、あとは行動するだけ。

    頭では分かってることを、ちゃんと実行しよう。


    なんか全て当たり前なことで、それに気づくのが遅かったなぁと思う。

    ってか、なんかもう好きなようにやればいいんじゃね、という考えに至る。


    今年卒業しないと決めてから、疑問に思ったことなんだけど、

    なんで小学校は6年で、中学校は3年で、高校も3年で、大学は4年なんだろう。
    それすら結局第三者に決められたことなんだよなぁって思うと、その枠にそわなきゃと思う自体が偏見だよなぁと思う。

    「誰にも縛られたくない」とか言いながら、秩序という箱の中で「トゥルーマン・ショー」。



    アインシュタイン曰く

    「常識とは、18歳まで身につけた偏見のコレクションのことをいう。」

    だそうです。おれも偏見だらけ。


    裁判員制度
    最近、舞台の演出・脚本家を目指している人と知り合いになった。

    そこで、自分も映像撮ってるってことで、意気投合して仲良くなった。

    ちょうどサテライトに出す作品の長編物考えていたんだけど、今回は音楽は全て友達に自作で頼む約束していたため、時間的に無理そうだと断念して適当になんか作って出そうと思ってた。

    良い機会だと思って脚本書いてくれないかと依頼したら、快くやってくれるというので、この前話し合いに東京へ赴く。

    彼は今年22歳で、地元が同じ茂原から上京してただいま宿無しで、友人宅で居候中、野宿をよくする逞しい若者である。

    ただ、将来のビジョンははっきりしていて、熱く語ってくれた。なんか眼差しが違った。

    彼との話し合いの中で面白い話を聞いた。

    なんでも2009年までに、日本の裁判制度に世界で初めて「裁判員制度」が制定されるらしい。

    詳細↓
    http://www.moj.go.jp/SAIBANIN/

    陪審員制度が世界的に一般的な中、日本は裁判員制度をとるらしい。

    地方裁判所が、市民の中から無作為に裁判員を指名し、指名された裁判員が裁判で裁判官と共に被告が有罪か無罪か、さらに求刑まで決めなければいけない制度で、裁判員を指名されて拒否すると罰せられるくらいの義務化。

    判決は裁判員と裁判官の判決が一致した場合のみ施行される。

    ただどうしても、決まらない場合は多数決になる。

    この多数決にも決まりがあって、裁判官の誰か一人と裁判員の誰か一人の判決が一致しない限り多数決は成立しない。

    たとえば
    裁判官:有、有、有、有、

    裁判員:無、無、無、無、有

    だと有罪だけど

    裁判官:有、有、有、有

    裁判員:無、無、無、無、無

    これでは判決は下らない

    この状態で、裁判員の誰か一人が有罪を上げれば被告は有罪なんだけど、無作為に選ばれた特に法律の知識のない裁判員のうち一人が考えを変えるだけで有罪になるという状況で、一人の人間の一生を左右する決断ができるのか?と彼は言っていた。

    上の裁判官5人のうち一人が被告を裁くという責任を負えるかというと負いたくないに決まっている。

    だから考えられる状況として、裁判員がみんなで暗黙の了解で示し合わせ

    裁判員:有、有、有、有、有

    という結論を出す可能性がある。

    こういう状況が起こりうる裁判は公平な裁判なのか。

    そもそも裁判員制度の目的は、国民に裁判を身近なものにするために制定される。

    キャッチフレーズは
    「私の視点、私の感覚、私の言葉で参加します。」

    え?いいの?自分の感覚で?

    自分の感覚で人が人を裁いていいの?

    なんかよくわからん。

    少なくとも自分の権限で会った事もない第三者を裁くなんてことは絶対にしたくないんですけど。

    どうなの?法学部のゆっち、JJ、糸ちゃん他


    ってか、2009年ってめちゃめちゃ近いのに、知らない自分もどうかと思った。



    マジシブ
    昔からしゃがれた声にあこがれていた。

    昔から渋い男にあこがれていた。

    今のところ目標はアル・パチーノである。

    映画『インソムニア』で、部下に「Fuck you care!!!」とか叫んだシーンでしびれる。マジシビレ

    あと声もカッコイイ。

    ちまたでは、ジョニー・デップが人気かもしれないけれど、たしかにデップもカッコイイけど、アル・パチーノのほうがカッコイイ。

    あとは、あまり知られてないだろうけれど、ビリー・ボブ・ソーントンがカッコイイ。

    映画『バー・バー』とか『スリング・ブレイド』とかに出てて、彼がまたうまそうにタバコを吸うわけですよ!

    マジシブ

    あとは、ゲイリー・オールドマン

    名脇役で、出てる映画数知れず。『レオン』のイカレタ悪役とか、『フィフス・エレメント』の悪役とか。

    どことなく、レディオヘッドのvo,トム・ヨークに似ている。

    マジシブ


    よく考えたら『シブイ』ってひどく曖昧な単語だな。

    どういうことをシブイというのか。

    シブイ→苦い
    苦さを味わえる年齢ってのがポイント、R18指定

    苦い→濃い
    陰影のある顔、イタリア人、皺も欠かせない

    濃い→恋
    たくさんの恋を経験。

    恋→愛
    愛を知るも、あえなく破局。シブイ男は一人身が似合う

    愛→哀愁
    シブさの裏には、哀しさがあると思う。むしろその哀愁がシブイ

    哀愁→I need you
    旅先で出会った女性とアバンチュールを決めるときに、お互いの心に火がつくセリフがこれだとシブい

    I need you→体臭
    煙草は必需品だし、そのフェロモンがこれまたシブい

    体臭→体重
    細身の男よりは筋肉質のほうがシブい

    体重→I love you,I need you
    ベッドの中ではひたすらこれ

    I love you,I need you→ウォー・アイ・ニー
    相手は中国人



    おわり

    みんな同じ井戸の水を飲んだ
    王国全土を崩壊させようとした力のある魔法使いが、全国民が飲む井戸に魔法の薬を入れた。

    その水を飲んだ者はおかしくなるように。

    次の朝、誰もがその井戸から水を飲み、みんなおかしくなった。

    王様とその家族以外は。

    彼らには王族だけの井戸があり、魔法使いの毒薬は撒かれていなかったから。

    そこで心配した王様は安全を図り、公共の福祉を守るためにいくつかの勅令を発布した。

    でも、警察官も警部もすでに毒の入った薬を飲んでいたから、王様の決定を愚かだと思って、したがわないことにしました。

    王国の臣民がその勅令を耳にしたときも、みんな、王様がおかしくなって、バカげた命令を下してるんだって確信した。

    彼らは城まで大挙して押し寄せ、その勅令の破棄を求めた。

    絶望した王様は、王位から退くつもりでいたけれど、女王が彼を引きとめて言った

    「さぁ、みんなと同じ共同井戸の水を飲むのよ。そうすれば、みんなと同じようになるはずだから」

    そして彼らは毒薬の入った井戸水を飲んだ。

    王様と女王は狂気の水を飲み、すぐに不条理なことを口走り始めた。
    彼らの臣民は、すぐに悔い改め、王様がすごい知恵を見せている今、このまま国を統一させようでないか、と思った。

    その国は近隣諸国よりおかしな行動はとっていたけれど、それから平和な日々を送り続けた。


    【2006/07/11 01:18】 小説の話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    正義のこじつけあい
    「おまえが悪いんだよ!!約束やぶったじゃん!」

    「約束はやぶっていない、おまえこそ約束したときの気持ちをやぶったんだよ!」


    ...READ MORE

    ムッシュの記憶を埋めるⅡ
    昨日は久々に声が枯れた。

    コールで。

    我が同胞、ムラヤマ君の誕生日を祝うために集った30人あまりの人々。


    ...READ MORE
    【2006/07/08 20:54】 ハプニング話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    安田佳生という人
    ワイキューブという会社がある。

    本業は経営コンサルティング。

    そこの社長の安田佳生さんという人がいる。

    この会社の説明会にたまたま行ったことで、初めて知った。

    話を聞いて、素晴らしいと思った。

    この人は自分の理想を会社で実践し、形にしていた。なんというか漠然と思い描いていたサラリーマンのイメージを壊したことをやってのけていた。

    その人の書いた本を最近2冊ほど読んだ。
    「千円札は拾うな」
    「仕事の選び方 人生の選び方」


    その中に書いてあったことで、

    ●「最近の若い奴には野心がない」と嘆く年配の方が多いが、これは、価値観のレベルアップを意味しているのだと私は思う。
    彼らは世の中が不景気だという事実をもちろん知っている。ただ、実感がないのだ。
    食べることには困らない。手に入らない生活必需品もない。就職しなくてもアルバイトで充分生活していける。このような環境で育った彼らに、物欲や出世欲をエネルギー源にしろと言うほうが無理な話だ。
    ただし、彼らのエネルギーが減ってしまったというわけではない。彼らは好きなもののためならいくらでも頑張れる。会社が好き、仕事が好き、仲間が好きということが仕事へのモチベーションとなっているのだ。

    仕事をすることそのものが目的なのではなく、仕事を通して何を実現したいのかということだ。働くことは手段に過ぎない。

    今の若者は、ダメになったのではなく、価値観を変化させただけだ。楽しさと同時に、仕事そのもの、会社そのものの存在意義を考えて仕事を選ぶ。



    他にも、昔は物を求めてガムシャラに働いていた時代があった。それによって今の社会がある。その求めていた物で溢れた今、昔求めていたものが現実になったわけだから、それは素晴らしいことだ。
    だから、今その時代は終わりを告げ価値観が変わってきている、と綴っていた。


    最近、高校のときの先輩で今は製薬会社で営業している先輩と飲んだ。
    薬っていう命に関わるものに対して、数字を求められることに矛盾を感じていると言っていて、2年たつ今でも納得はいってないらしい。

    バイト先の先輩が就職の話をしていてよく言うことは
    「会社って、社会人ってそんなもんだよ。」


    バイト先の飲食店も接客の仕方を最近見直しているが、社員さんの疲れた顔を見ると、自分に余裕のない人が人に奉仕できるかと思ってしまう。
    接客を中心とする飲食店こそ、社員はしっかり休ませるべきだと思う。
    働いてる人が楽しそうじゃなきゃ、会社に入りたい、アルバイトしたいって思わないんじゃないか。
    最近全然新しい人が来ないのもそれが原因じゃないか。
    無理だとか、できないだとか、そういうレベルではなくて、そうあるべきだと思うなら無理やりそうすべきだと思う。

    散々考えたけど、やっぱり「社会はそんなもん」であるべきではない。
    現にワイキューブみたいな会社があるんだから、他にも説明会行くとイイ会社だと思うところがちらほらある。

    1000人以上の社長と会ったらしい安田さん曰く。
    「良くない会社は長い目で見れば、いずれ淘汰される。」

    つれづれが淘汰されないことを祈り、バイトでは楽しく振舞おう。

    今の自分にできることは、自分の目を養うことだと思う。

    もし変えられるのであれば、全力を尽くしたい。

    【2006/07/02 00:49】 尊敬人 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。