日記キノココアララッパガリア餡子呼吸宇宙海ミトコンドリア愛してる。



PROFILE
kajutaka
  • Author:kajutaka
  • 1983年10月20日生
    好きな食べ物:sushi
    たぶんこの食べ物になら、一回の食事でいくらかけてもよいと思う。
  • RSS


  • カンチョーセヨ
    CALENDER
    04 | 2006/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 最近欲しいものー「クルーザー」(09/18)
  • 帰りの電車、駅のホームに下りるといつも同じ場所にいる(03/09)
  • レディヘ来日ライブ(02/11)
  • あらがきゆい(02/10)
  • 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう(12/17)


  • RECENT COMMENTS
  • プログのヒト(09/18)
  • しか(03/16)
  • しか(03/15)
  • nabe(03/04)
  • しか(02/28)
  • しか(01/11)
  • しか(01/11)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (8)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (15)
  • 2006年01月 (14)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (14)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (15)
  • 2005年05月 (20)
  • 2005年04月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (82)
  • 映画の話 (10)
  • まとめ (3)
  • 音楽の話 (19)
  • 小説の話 (4)
  • 若い自分から見たモノ (76)
  • コイバナ (6)
  • 旅行 (14)
  • ハプニング話 (16)
  • ニッキ (75)
  • 尊敬人 (1)
  • 就活的事象 (3)
  • LUMIX DMC-LX2 (3)


  • LINKS
  • てきと~に一休み
  • 怪文書 ON THE WEB
  • COLORFUL HEARTS
  • プログ
  • Knives Inner ScenariSt
  • -こちやま跡地-
  • yaneurabeya.net
  • がぶがぶDIEアリー
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    コミット
    浪人の始めの頃、自分の勉強のできなさに愕然とした。

    え?これがおれ?

    認めたくなかった。おかしい。中学の頃のおれは?


    テストを受けて、自分の実力が点数になるのが怖かった。


    そんなとき、予備校の先生が言っていた。

    「あなたが今おかれている状況は、すべてあなたが選択した結果なのです。まずそれを受け止めなさい。」




    よーく考えれば、わかることを見たくないからと逃げるのはやめよう。
    「間違ったら戻ればいい」とゆるい気持ちで頑張らないのをやめよう。
    やんなきゃいけないことは、思い立ったらすぐ行動しておこう。
    目の前のことを白黒つけてまわろう。
    ここに書くことで満足するのはやめよう。


    できなかったら切腹。


    スポンサーサイト

    昔の衝動を閉じ込めた場所
    木曜日、自己Vの編集のためタイゾー家で朝6時まで編集し、学校へ。

    金曜日、ニュージーランドへ一年旅立ってしまうバイト先の友達の送別会。初めて幹事をやって連絡まわすのとかのめんどくささと、サークルの編集に追われ、なんか二つとも中途半端だった気がする。
    飲みの後、朝までカラオケ→10時からバイト

    土曜日、バイトを21時に終え、オリテ発表会の二次会参加

    その後勢いで、カラオケへ。

    体力的にも精神的に凹むが、もう全部リセットしようとノリまくる。

    カラオケ最高でした!!

    あんなに燃えたのは久々なくらいフィーバーしたずぇ!
    ミッシェル最高。もうほぼ音楽に体を預け

    5、6人しかいないのに、異様な熱気+男臭+上裸の男共=様子見にくる人が引いてた可能性大。

    カラオケ後、ふらつきながら、マーシーの研究室の布団を借り就寝。

    朝、家に帰って、予定を全部キャンセルして汚い部屋を徹底的に掃除。

    キレイになった部屋で、考えたことを全部紙に書く。

    音楽を聴く(ミッシェル・ガン・エレファント)

    考えたことを紙に書く

    音楽を聴く(エルビス・プレスリー)

    これを繰り返した

    久々に家にいたので気晴らしに犬(チェリー)の散歩に行く。

    道中、車のスクラップ場の前を通る。

    「そういえば昔ここにエロ本隠したことあるな」

    しかも完全に雨風をしのげるトラックの荷物倉庫に入れたはずだ!

    そう思い、チェリーをほたってスクラップトラックをよじ登って、自分の秘密倉庫を探してみた。

    あった!!!

    少しドキドキしながら、取っ手に手をかけた。

    ガキッ

    金属音がするも、雨風でさびた鉄の取っ手はビクともしなかった。
    昔のエロ本を取り出すなんて、なんかタイムカプセルをあけてるみたいじゃなかとですかー!

    そんなノスタルジーに突き動かされるように鉄の取っ手と必死に格闘するが、健闘むなしく、最後まで扉は頑固だった。

    正直どんな本だったかすら覚えていない。何冊あるのか・・?
    よく考えたら10年も前の話だ。



    諦めて、またトラックをよじ登って犬のもとに帰ると、ぼーっとチェリーはおれを見つめて「何やってたの?」と言いたげだった。



    「メスのおまえにはわからねーよ」


    そう目で訴えてみた。



    おわり

    目を覚ます
    後輩の高萩の家で目を覚ます。

    ・・・頭が痛い。これがいわゆる二日酔いってやつなのか。

    前の日に先輩に叱咤激励的に熱く語られた。

    今までの人生でおれのことを本気で怒ってくれた人は何人いるんだろうか。

    これから何人の人を本気で怒るだろうか。

    上がいるのはいいもんだな。



    ジブリのプロデューサーの鈴木さんが言っていた。

    プロフェッショナルとは?

    「期待に応えることです」



    意外とピンク
    友人が肺に穴をあけて入院した。

    見舞いに行って激励しよう。
    僕は考えた。

    見舞い品かー・・・何がいいんだろう。難しい。

    まわりを見ると、結構書籍関係が多いみたいだ。

    何週間もベッドの上だ。きっと暇だろう。

    うむ。やはり本系だな。

    何の本がいいか・・・小説じゃありきたりだ。
    プレゼントは何事もサプライズが重要だ。

    ビジュアル的にも派手で、且つ面白いのがいい。

    いろいろ考えた結果、最近話題の本を思いつく。

    そこで最近暇ぶっこいてると噂のリョウを後ろに乗っけてバイクを走らせる。

    例の見舞い品は本屋3軒回ってゲット!
    わざわざプレゼント用に包装してもらう。

    それを抱え、いざ病院へ。
    彼の入院している病院は、バイト先の増田病院に比べ、圧倒的にデカく、そして若いナースが多い。

    その病棟内を闊歩し、病室へ。

    彼はオシムを読んで暇そうにしていた。

    買ってきた見舞い品という名のカンフル剤を渡す。

    「・・・こ、これはまさか!!」

    「これは興味津々丸だべ!!きっとモンモンとしてると思って買ってきたぜ。」

    リョウ:「おれもチョー見たかったんだよ。早く見ようぜ見ようぜ。コキキキキキ」

    そう言ってリョウはイスに座り、前傾姿勢。
    看護婦さんに見つかるのは少々気まずい。

    彼はゆっくりとページをめくっていった。

    「・・・・!!!おぉぉ・・・ぐぅ・・・まだか」

    肺に穴が空いている彼の呼吸が乱れないか心配だったが、大丈夫そうだ。

    ページが進むにつれ、三人とも口数が減る・・

    口を揃え「リアクションしづれー!!」

    なんというか、もうあれですよ。

    「テッシュ。」のような沈黙ですよ。





    叶美香はGorgeous

    【2006/05/21 22:47】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    バイクは楽しい
    昨日、午後から暇だったので後輩のタイゾーとバイクで四街道までバイクでラーメン食べに行った。

    それにしても、タイゾーとはよくバイクで出かけるな。

    この前もムダにのんびり話しながら、成田空港まで行った。

    成田空港はやはりテロを警戒してか警備が厳重でバイクで入場する前にゲートがあって身分証明しなければならなくて、警察の人達にビビる。

    警官:「今日はどんな用件で?」

    そこでタイゾーはひるむことなく

    「観光です!!」

    と言い放ったことに少し頼りがいを感じた。


    適当なところにバイクを止め、空港内進入。
    目的が見当たらなかったので、とりあえず「スッチー」見ようということに落ち着く。

    そんなとき前方からブルーの服来た女性3人が!

    スッチーだ!!

    しかし、ジロジロ見るのもなんというか変態チック

    しかし、チラチラ見るのも、それはそれで変態チック

    そう考えてるうち、横目でしか追えず、不確認・・。ダメ男チック



    昨日は四街道の紅丸というラーメン屋で付け麺を食し、タイゾーの知られざる面白エピソードを聞き、ムッシュの入院している病院へ。

    あと2週間以上はかかるみたいだ。

    早いとこ治して、バイクでツーリングに行こうぜ、と約束をして別れた。


    さてさて、今日はチャンピオンズリーグ決勝らしい。

    バルセロナ対アーセナル 

    時間は午前3時35分から


    ぐぐぐぐ・・・


    【2006/05/17 22:09】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    ネガティブでも、ポジティブでもなくリアルに。
    大学一年のときから漠然とした自分の最終的にありたい形を持っていた。
    「こうありたい」
    というひどく漠然とした、ぼんやりとしたイメージで。

    大学生活は、そこへのプロセスとして、行動の判断基準は常にそこに準じていたつもりだった。
    別にそれに縛られていたわけでも、強迫観念を持っていたわけでもない。

    そのイメージが抽象的すぎて、具体性に欠けていたからこそずっと芯でありつづけたんじゃないかとも思う。

    だからこそ、就職活動始めたときにわからなくなった。

    結論を。形を持ったものを求められた。

    自分はもっと長いスパンで見ていて、のんびり自分のその大きな到達点を時間をかけて削って削って、形を作っていきたかったから。
    削りながら「あ、こういう形もいいな」とか思いながら、当初の目的の形とは変わっていっても、最終形が自分でわからなくなっていったり、とてもいびつになろうとも、「最後どんなになるかなぁ」と楽しみにしながら削りたい、と。


    そして、最後その出来上がったものを、少し離れた場所から眺めて


    「おー、これがおれかぁ・・」


    と、思う。


    でもまぁ、そんなことも言ってられないのかな。
    義務感で動かなければならないこともあるのかな。


    削るための道具が折れてしまって、家に新しいものを取りに帰ろうと振り向いたとき、家までの道が雑草で覆われてました。
    あまりにも削ることに熱中しすぎて、雑草で家までの道がわからなくなりました。


    でもまぁ、また道作ろうか。


    草を刈りながら、また自分で新しい道を作っていくのも悪くない。

    草を刈りすぎて、手が緑色になっても、水で洗えばいい。

    緑色なのは手の表面で、おれ自身は緑色ではない。

    洗えば、また自分色。



    ぬおー
    やはり疲れた夜のバイクは危ない。

    かなり本気で危ない。寝てしまう。どうしてもぼーっとしてしまう。



    そんな僕だけど、ここ最近かなり大きな出会いがあった。

    ほんとに偶然だったのに、そこから派生してなんというか人生変わりそう。

    世の中本気でわからんなぁ・・・

    火事が起きてから、そこが転機となって変化している気がする。

    いやゆる、麻雀でいう、ポンされてツモ順が変化するかのような、そんな感じである。

    ただ言えるのは気持ちからくる姿勢ってのが非常に大事ですよね。


    【2006/05/10 02:53】 ニッキ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    僕の体が悲しく鳴くけども
    昨日からメガネ暮らし。

    築地行ってる途中に目を負傷して、築地から帰って眼科に行ったら「アレルギー性結膜炎」だとさ。

    コンタクトつけるなと言われたんだけど、築地のあとバイトだったので無理やり着用。
    バイトが終わる頃には乾いて限界近かったのでバイクで帰ると危険と判断し、リョウ家にて泊まる。

    そんなわけで一週間くらいメガネさんで生活します。

    テーマはエルビス・コステロです。


    あとなんか数日前から声が枯れて戻りません。セキもとまらないし、鼻水も。


    まぁそんなこんなで全体的に体調悪いです。

    でもまぁたいしたことないし来週も予定たくさんなので、また多忙な日々。



    G.Wなので父親もたこべーも帰ってきていて、この前庭でバーベキューをしたときに久々に父親と話をした。

    なにやら話によると戦闘機だと羽田空港から青森まで15分で着くらしい。

    でも陸上の上空はマッハ出せない法律で、なぜかというとマッハ出したときに音の壁ができて、その衝撃波が地上に届くかららしい。

    「は?」

    って話で、なんともおかしな。
    音の壁の衝撃波が地上に届く?なにそれ?理系だから理屈ではわかるが、おかしな話。

    あと、つい最近知ったこととして、うちのじいちゃんも自衛隊なんだけど、じいちゃんの頃は警察予備隊で、警察予備隊が自衛隊になったから、じいちゃんは自衛隊の一期生らしい。

    え!!そうなの?って感じ。

    たこべーは高校のとき付き合ってた彼女とまだ続いてるみたい。青森にいて、何ヶ月かに一回しか帰ってこれないのにすげぇなぁ・・。


    なんか純愛を見ているようです。


    築地に行く前に、高校のときの部活の同級と先輩とで久しぶりに会った。
    先輩の一人暮らしの部屋で宅飲みみたいな感じで8人くらい。

    みんな2年ぶりとか、4年ぶりの人とかいて懐かしかったけど、乾杯のとたんに無言・・。

    え?って感じで、みんなに話振ってもなんとも変な感じで、終始一人で話して終わりってかんじだった。

    でも、よく考えりゃ昔からこんな感じだった気がしなくもない。

    あーあ。
    なんか壁を感じたまま終わった。

    勝手に一人で自分のことをしゃべっただけのような会。

    もっと話聞きたかったので、まぁ今度個人的に先輩と飲もう、と思った。





    昨日のベッドから 憂鬱だからもう
    むりやりラジオで ワッハッハ
    明日はどうかなぁ すばらしいかなぁ

    たとえば僕に ピアノが弾けたなら
    涙がわーっとあふれるような
    ビューチフルな 音楽をやる



    奥田民生はいいなぁ すばらしいなぁ
    さてさて明日は何があるかなぁ ビューチフルかなぁ
     
    【2006/05/07 23:02】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。