日記キノココアララッパガリア餡子呼吸宇宙海ミトコンドリア愛してる。



PROFILE
kajutaka
  • Author:kajutaka
  • 1983年10月20日生
    好きな食べ物:sushi
    たぶんこの食べ物になら、一回の食事でいくらかけてもよいと思う。
  • RSS


  • カンチョーセヨ
    CALENDER
    06 | 2005/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 最近欲しいものー「クルーザー」(09/18)
  • 帰りの電車、駅のホームに下りるといつも同じ場所にいる(03/09)
  • レディヘ来日ライブ(02/11)
  • あらがきゆい(02/10)
  • 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう(12/17)


  • RECENT COMMENTS
  • プログのヒト(09/18)
  • しか(03/16)
  • しか(03/15)
  • nabe(03/04)
  • しか(02/28)
  • しか(01/11)
  • しか(01/11)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (8)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (15)
  • 2006年01月 (14)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (14)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (15)
  • 2005年05月 (20)
  • 2005年04月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (82)
  • 映画の話 (10)
  • まとめ (3)
  • 音楽の話 (19)
  • 小説の話 (4)
  • 若い自分から見たモノ (76)
  • コイバナ (6)
  • 旅行 (14)
  • ハプニング話 (16)
  • ニッキ (75)
  • 尊敬人 (1)
  • 就活的事象 (3)
  • LUMIX DMC-LX2 (3)


  • LINKS
  • てきと~に一休み
  • 怪文書 ON THE WEB
  • COLORFUL HEARTS
  • プログ
  • Knives Inner ScenariSt
  • -こちやま跡地-
  • yaneurabeya.net
  • がぶがぶDIEアリー
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    駆け抜けて性春
    今日はムッシュ誕生日飲み以来の飲み会だった。

    いつものごとく部屋中にコールが鳴り響き、後ろの卓の女の子3人組にに「うるさいです!」と叫ばれ、ついにはおれたちがうるさすぎて、卓を変えてしまった。

    そして、いつものようにトイレから出ると、お酒の入ったコップが2列を作って並ぶ、それを見た瞬間どこからともなく日本国国歌が・・・・・


    あぁ、そうだ。


    おれは日本人だったんだ。



    自然と胸に手を当てる。


    その瞬間おれの体の中に彼女が入ってくる。


    そう・・「はしもとせいこ」が・・・

    おれはスタートラインに立つ、目指すはその先にあるゴールへ。
    スタートの声と同時に、おれは体を前に乗り出す。
    コップをつかみ、ビールを体に注ぎ込む。

    こーしてイイペースでおれは進む。

    いける!!これは日本新ではないか!?

    そう思い次に手がとったモノは2合酒とっくり。

    くそう、簡単にはゴールさせてくれないか・・・やるのぅムッシュ。

    一瞬躊躇する。しかし思い切って体へ流し込む、

    こうしてゴールしたおれは、すぐにトイレへ向かい、レースで体に注いだ酒をすべて出したのだった。



    その後は男どもとカラオケへ。
    久々に叫びまくった。もう後半とか声が潰れてダメだったけど声を絞り出して歌う。ってか、03男勢とカラオケはマジ最高。すっげぇ楽しい。大体次の日の午後くらいまで声がガラガラだけどねー。

    いやぁ楽しかった。

    その後、タイゾウ宅で麻雀して、眠くて後半グダグダだったけど一人勝ちして、帰宅就寝。


    おわり




    スポンサーサイト
    【2005/07/29 23:58】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

    いろいろ変化いろいろシンキングの巻
    テスト勉強に追われて、なかなか更新できぬ。というかやろうと思えばできるのにしなかったって感じだけど。「僕の生きる道」の草薙君が生徒に向かってした本の話みたいな感じ。

    「ここに本があります。この本を買った持ち主は時間がなくてなかなか読む時間がとれずに、時間がないない思っているうちにとうとう一度もこの本を読むことをせずに、1年以上たってしまいました。

    果たして彼はほんとにこの本を読む時間がなかったのでしょうか?
    実際は彼は時間はあったのにもかかわらず、この本を読もうとしなかった。

    そのことに気づかないうちは彼はきっと何年たってもこの本を読むことはないでしょう。」



    昔はというか、つい1年くらい前はリンキンとかレッチリとかゴイステとかガガガとかピョンピョン系が聞く音楽の中心だったのに、最近はレミオロメンとか、バンプの悲しい系だとかアラニス・モリセットとか、どっちかっていうと夕方系(おれが勝手につけたんだけど・・・)を中心に聞くようになった。なんか自分から若さが抜けていったようでイヤだな。と学科のバンドやってる友達に話したら、

    「音楽は聞きたいときに聞きたい音楽聞くのが一番いいんだよ。今それ聞きたいんならそれでいいんじゃない?またそのうち激しいのとか聞きたくなるときが来るよ。なんか波があるから」

    と言っていた。たしかーーに。一理ある。というか最近いろいろ考えてて悩み中だからなぁ。なんか最近の日記もイマイチテンション高くないしねー。ふぬうぅーーーー。

    でも音楽だけの話じゃなくて、こういう日記もそのときどきのテンションで思ったままに書いていくのだろうね。それが軌跡となって読み返したときにいろいろ思い出すんだろうな。それが日記を残していく意味だと思うし。

    悩み中で思い出したけど、リョウタが放った名言の中に


    「おれ、きっと一生思春期だと思うちゃ」(1年次)


    っていうのを今なんとなく思い出す。今聞くとなんかギャグに聞こえるけど、1年のときのリョウタは本気で言ってたわけですよ。

    懐かしひーー。いや、でもイイ言葉だよ。


    しかしなんで「一生青春」じゃなくて「一生思春期」って彼は言ったのかね。
    なんか思春期って反抗期とか第二次性徴期とかも連想させるんだけども。



    まさかっっ、・・・・彼はそれすらをも踏まえて言ったのか!



    むむ・・・・深い。








    追伸:前回プラネタリウムイマイチとか言ったけど、何回か聞いたら違いました。とてもイイ曲でした!藤原さんすいません。



    【2005/07/27 23:53】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    WAR OF THE WORLDS
    マーシーのブログにも書いてあるけども、マーシーとザッキーと「宇宙戦争」を見に行ったんでございます。

    マーシーに同意!

    ここ最近で一番でした!

    あのドキドキ感は中学生のときテレビで見たジュラシック・パーク以来。

    飽きさせない展開はさすがでした!一つ解決したら、すぐに次の恐怖がきて見ながら「ぐおおっ」って感じ。レイトショー1200円で見たんだけど、その価値充分ありました!
    あんだけ大々的に宣伝して、あのおもしろさはもうホントにすごいなぁ・・。

    スピルバーグさすが。




    そして、「宇宙戦争」見に行く前に、家で借りてた「SAW(ソウ)」を見る。

    松本人志の「シネマ坊主2」ではなかなか酷評で、指摘も納得だったけど、普通に楽しめた。スリル・サスペンスの中では、設定とか映像とかで印象に残る感じだし、ただオチはそんなにびっくりではないんだけどね。
    「ユージュアル・サスペクツ」の、「なにぃぃぃ」ってオチは超えられず。

    18日間で撮影を終えたっていうのを感じさせないで、かなりの編集力だったし。面白かったっす!

    しかし、本日は「宇宙戦争」に尽きる


    【2005/07/24 22:01】 映画の話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    地震弊害報告
    どこもみんな地震ネタなので書くの気が引けるんだけど、おれは千葉にいながら地震に気づかなかった。

    地震発生時刻おれは、バイトに向かうためにチャリンコこいでいた。

    ちょうどパルコの横を通り過ぎようとしたとき、何かものすごい音が!!!

    ゴーーン・ゴーーン

    音楽を聴いていたおれは、イヤホンをはずし、あたりをうかがう。

    「ん?なんだ何の音だ?」

    おれは完全に地の揺れを感じずに、音の出所のみを必死に探す。

    まわりを見ると、みな大体少し上空をみあげながらキョロキョロしている。

    むむ、どこかで事故がおきたのかな?
    まぁ、いいや。

    そう思い、チャリンコを止める。
    そのとき何気なく見上げると、モノレールが揺れてるではないか!

    モノレールはちょうど駅のホームにあるようで、揺れてプラットホームにぶつかっていた。

    「なんだー。モノレールが事故ったのかー。」

    バイト先の入り口のとこで、バイト先の人と一緒になる。
    おれ:「なんかモノレール事故ったらしいっすよ。」
    バイト先の人:「え?そうなの?・・・じゃぁ地震のせいかしら」
    おれ:「え?地震あったんすか?」
    バイト先の人:「何言ってるのよー、今すごい大きいのがあったじゃない」

    おれ:「え?そうなんすか?」





    というわけで、この地震の影響でうちの店のエレベーターが安全装置が働いて止まり、しばらく動かせずお客を各フロアに運べなくなる。

    うちはエレベーターがないと、裏口の汚い階段しかないので、店長の指示により、お客はその階段を使って移動させて入店させることに。

    そしてうちのバイト先にはほとんど男がいないので、男のおれともう一人のバイトの先輩と店長の三人で、階段を5階までブラシ磨くことに・・・。

    地震のせいで、こんなことに・・・。

    そう思いながら、ブラシにレンクリつけながら、汗だくになりながら磨きまくったのだった。



    バイト終了後、先輩にラーメンをごちそうになり、家に帰ると、皿が落ちていた・・・これも地震のせいか!
    しかし、皿はすべて無事で、そんなに被害がないように思えた。

    しかし、奥の部屋に入ると、なにかがテレビの前に垂れている・・・。
    よくみると、それはろうそくであることに気づく。
    最近芳香剤かわりに、使ってるポットが落ちて、ろうそくのロウも撒き散らしていたのである!
    マジでこれは火がついてたらやばかった!!!アブネー!!

    急いでロウを削って落とそうとするが、もはや畳に食い込んですべては落とせず・・・・。白い跡だけがむなしく残ってしまった・・・

    地震を感じていないのに、こんなに間接的に悩まされるとは・・・

    恐るべし!地震!

    おわり
    【2005/07/23 00:47】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    中途半端ダイアリー
    地元の友達が千葉まで来たので、2ケツして千葉パルコへ。

    タワーレコードに行ったら、バンプの新曲を小規模ながら宣伝していたので、試聴してみる。
    今回曲名は「プラネタリウム」

    ・・・・・・・・・むぅ。そうでもない。

    なんかテンポがなんかポップすぎて、なんかなぁ。と思う。
    何回も聞くと味が出てくるのかね。
    おれは「ロストマン」のほうが好きだと思った。「オンリー・ロンリー・グローリー」もあんま好きくない。これからこんな感じでいくのかなぁ・・・。


    前から聞いてみたかったレゲエのCDが安かったので購入。



    さてさて、今日は他に大して書くこともないので、16日の話。

    バイトが終わって家への道中にリョウタから連絡が入る。
    「もしもし?」
    「あぁ、ずんたか?」
    「どうしたの?」
    「あのさぁ・・・これから九十九里浜行かね?」
    「なに!行きたい。すげぇおもしろそう!」

    ということで、リョウタの撮影で夜中に出発して、九十九里浜の日の出のシーンを撮りに行くことに・・・・・・

    ・・・・・よーく考えたら、若干リョウタの作品のネタバレになりかねない気もするので、また別の機会にします。

    じゃぁ、ここまで書いたの消せよって感じだけど、せっかく書いちゃったし消すのもったいないし、続きはまた今度で!!!

    .....to be continued


    【2005/07/21 15:47】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    ダイジェスト
    ずっと更新滞っていました。
    その間はなかなか予定つまってて濃厚だったため、箇条書きでまとめたいと思うす。

    ●15日ーバイト先におれが入った頃からお世話になってる社員さんが辞めるため、最後の日に最近の曲を集めたCDを欲しがってたので作る。ラストの曲に辞めていく社員さんにふさわしい曲だと思って、バンプの「同じドアをくぐれたら」を付けたし渡す。

    その後、学科の友達がライブでDJやるというので、誘われて見に行く。行ったら、わかってはいたけど曲がすべてブラックHIPHOPな音楽が反響するクラブみたいな会場で、ガタイのイイB系な人たちがたくさんいてみんなノリノリで、始めというか終始「場違いだ・・・」とか思いながら過ごす。たぶんあそこでおれは最小の男であったと思う。
    でも後半にすごいスクラッチの人がいて、友達とノリノリでノリまくる。
    あと、そこでライブしてたグループの曲がスゴイ良くて、帰りにサンプルCDをもらって帰る。
    初クラブでまぁ良い経験になったなぁと思う。人前で恥ずかしがらずに踊れるのはクラブくらいだろうなぁ。そういう意味で楽しい所。

    ●16日ー昼間は後藤さんの撮影で久々に役者になる。今回おれは「明るい青年」らしい。
    バイト後リョウタから連絡が入る。
    「原チャで九十九里浜に撮影行かない?」
    「なにぃ!!行きてぇ!」
    というわけで、「るーる」の編集をゴトゥーに託し、2時過ぎに西千葉を出る。この模様は別に日記でアップするから詳しくはそのときに。

    ●17日ーえー・・・・選考会に行きませんでした。

    ●18日ー紆余曲折を経て、ケーキをムッシュと作る。こいつがかなりのデキ!!

    ●19日ーケーキ作りでフルーツがものすごく大量に余ったので、何人かに声をかけ、「フルーツパーティー」を開催する。
    来たのはザッキー・つよぽん・セラ・ムッシュ。みんなでフルーツを鍋に刻みまくりフルーツポンチを作る。こんなにフルーツを食べたのは初めてで一同大興奮だった。

    その後夜中に、突然みんなで味噌煮込みうどん作ろうってことになり、99に材料を買い揃え作ってみんなで食べる。その後次の日1限があるおれは寝たんだけど、その鍋にごはん入れて雑炊したらしい・・・。フルーツ食べて、うどん食べて、雑炊食べるって、なんかおかしい。

    まぁくわしくはいつかアップされるつよぽん写真缶をごらんあれ!!

    ●20日ー今日は授業と授業の合間に「ウッド・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」を見る。ものすごい話が凝ってて、「スタイリッシュ!」っていう言葉がまさにぴったりの映画。悪党がみんなカッコイイ。ってか「サバイブ・スタイル5」に出てる役者がいて、ちょっと衝撃!シナリオの練り方が絶対ヤバイだろうなって思った。


    カズ横浜FCに移籍かぁ。サッカー生活20年だって。おれが小学校のときJリーグのエースの人だもん。Jリーグカードめちゃめちゃ集めていたときの人だもん。
    柱谷もラモスもビスマルクもアルシンドもジーコも武田も北沢も井原もみんな引退したのに、すごいと本気で思う。
    ゴンも城も前園もまだ頑張ってる。ってか個人的にゴンが好き。

    Jリーグ当初の日本代表と今の日本代表のドリームマッチとかあったら、マジ絶対見ると思う!やんないかなぁ・・・・マジで。

    【2005/07/20 01:20】 映画の話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    就職ガイダンス
    4限を友達に代返してもらって第三回就職ガイダンスに出席する。

    今回は職種適正テストみたいなのがあるらしい。

    会場に入ると、第二回のときは満席で座れなかったんだけど今回は人がまばらで難なく座れたっす。

    今回のテーマは「今日からできる自己分析・カンタン自己PR」

    講師の先生は40代な感じの人である。

    今回の講師の人は説明に熱が入ってて、けっこう真剣に聞いたっす!
    なんか面接のときに面接官の人が20代の人と40,50代の人だと見るところが違うらしい。講師が言うには、前者では「後輩にしたいか」中心、後者では「会社をまかせるか」中心で見るらしいよ!!

    まぁ人によるだろうけど。

    全体的に「まず今の自分を知って就活までに成長しよう」みたいな感じとおれは感じ取りました。

    おれが45歳くらいのとき日本の人口は8000万人きるらしい。

    就職が少しリアルに形が見えてきた。


    【2005/07/12 00:13】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    むおっぷ
    日曜日OMECに行く。

    残念ながら、ダメでした・・・・。

    でも鳴海さんが女優賞受賞できました。
    今回のOMECは全体的に面白くて、楽しく見れた。一位の作品は編集力が圧倒的で、ひとことで言うなればクドカン×堤幸彦ってな感じでした。

    1位はすごかったんだけど
    みんなクドカンのドラマみたいなの好きなのかなぁ?なんかいろいろ言いたくなるけど所詮負け犬の遠吠えになるので控えます。

    「口に出せば出すほど言葉で形になっちゃうんだよ。
    形になっちゃったらさ人間は行動しようとしないんだぜ」

    そうだ。心に強く念じるんだ。

    とりあえず、リアペで編集の甘さ突かれたのでこれから編集し直してみます。


    今日何週間かぶりにテレビつけたら、スマスマやってて、そのままあいのり見た。コージにものすごく熱くなった。痛々しくなんかなかった。

    そして、エメルソンが浦和から海外に行ってしまうことを知る、やはり日本に帰化してくれなかったか・・・まぁ当たり前か。
    ロンドンで爆破テロが起きていたことを今日知る。

    今度からニュースちゃんと見よう。



    【2005/07/11 23:28】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |

    ただの紙さえもいつか家宝になる
    昨日の麻雀のせいで寝坊する。

    今日は変な夢を見た。なんか学校かなんかの教室で、たぶん高校だと思うんだけど、この日卒業式らしくて最後みんな帰りだした廊下で、顔も知らない女の子におれが告白する。
    そして、その場で即OKをもらっておれは有頂天になる。
    その日の帰り道、二人で歩いてるとその女の子が突然向こうのほうにある噴水のある池を指差してこう言う。
    「泳ごうよー」
    なんだそりゃ!池だよ?公園にある池なんだよ?何この不思議ちゃんは?

    しかし、これは夢なのでそんな冷静なツッコミができるわけがなく、泳ぐことに。

    しかも入ると意外に深い!!足が着かない・・・・
    そして泳ぎ始めると、おれは背中に何か違和感を感じた。
    後ろを振り返ると、なぜかおれは赤ちゃんを背負っていたのだ。
    うしろから女の子も泳ぎながらついてくる。
    なんか、話的に二人の子供らしい。
    ・・・・・・さっき告白したばかりなのに。

    ・・・そこで夢から覚めた。
    いつもは夢なんか覚えてないのに、今回は起きてからも鮮明に覚えていた。
    何かの暗示なのか・・・・・だとしたら何の・・?




    学校が終わって、一度家に帰宅すると、郵便受けにネットで買った本が届いていた。

    湯本香樹美作 「夏の庭」

    去年か一昨年にザッキーに感動するって言われて貸してもらった本で、初めて小説で泣いた本である。
    話は3人の小学生が「死」ってものに興味を持ち始め、少年のうちの一人が近くに今にも死にそうなおじいさんを見つけて、そのおじいさんを死ぬまで観察しようと始める、という物語でラストは感動でした!

    思い出に残る本や漫画は自分で持っておきたくなる性分なので、最近ネットで安く買えたから購入したわけです。
    うちにある「スラムダンク」や「海猿」とかは一度全部友達とかから借りて読んでから
    古本屋を巡りに巡って買い揃えたもので、一生持っていようと決めた漫画達なわけです。
    この日「夏の庭」もそんな本の一つに選ばれた、いわば「殿堂入りの本」なわけっす。

    そんな本達を増やして、将来自分の子供に渡したい。
    そしてその子供がさらに自分の殿堂本分も足して自分の子供に渡して、その子供の子供が・・・と。
    たとえ、これから先、本がみんなデジタル化され、もう紙なんか使わなくなってすべての媒体が映像化しようとも伝えて伝えて家宝にしてくれ。



    頼むぞ孫達。


    おわり




    駄日記
    今日はバイトまで比較的一日暇だったので本読みたくなって、図書館へ。

    今日気づいたんだけど中央図書館けっこう漫画も置いてある。
    さくらももこのエッセイと山田かまちの本

    さらにこの前マーシーと手塚治虫の話でたから久々に火の鳥読みたくなって、3巻ほど借りる。
    返すのは2週間後だそうだが、おれは図書館で本借りて一度たりとも期日を守ったことがない!!!よし今回はそんなに本多くないから大丈夫だろう。

    忘れなければ

    そしてバイトへ。




    んでバイト後花火やってるっていうから行ったら、もう終わってて

    そのままたいぞう家で麻雀をやる。



    おしまい


    うああ・・・・チョーつまらない日記・・・。
    【2005/07/07 01:25】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    彼は有事のために訓練する
    最近読んだ本にこんな会話のシーンがあった。

    「ホントにやりたいことあったら、簡単に言わないほうがいいんだぜ。」

    「なんでだよ」

    「口に出せば出すほど言葉で形になっちゃうんだよ。
    形になっちゃったらさ、人間はもう行動しようとしないんだぜ。
    だから俺は口に出さずに強く心に念じるんだ」

    鈴木清剛の「ラジオデイズ」より。

    この言葉を鵜呑みにするなら、「有言実行」ってすごいことなんだと思う。




    今日弟からメールがきて、彼は三ヶ月の教育課程を終えて、今週の金曜に静岡県浜松基地に転勤だそうだ。
    なんか職種がペトリオットミサイルの高射操作とかいうのになったらしい。よくわからん。
    ってかペトリオットミサイルってミサイルだよね?撃つんだよね?

    誰に?

    これが有事のための訓練ってやつか。



    静岡かぁ。
    あいつ彼女と大丈夫なのかなぁ、と考えたりした。


    静岡はうちの一番下の弟、大季(まさき)通称まーちゃんが生まれたとこで、ちなみにたこべーは山口県生まれで、おれが青森生まれ、という兄弟なのにみんな生まれたとこ違う兄弟です。

    静岡といえば、今我が川上荘でふりかけの神様と化している「わさびふりかけ」の産地ですな。
    このわさびふりかけは西方もムッシュも絶賛の一品です!!
    ぜひ我が家に来るか、静岡行ったらご賞味あれ!!




    【2005/07/06 00:37】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    オケムライフ
    時間に間に合わなかったとはいえ、なんとか作品完成してOMEC出しました!!出演者の方々にホント良い演技してもらって助かりました。

    なんか話に寄ると、今回帝京大学の作品も面白いらしいんで、楽しみっす。

    今回の作品に関しては、今日リョウタ先輩から冷静なアドバイスいただいたんで、いろいろ手直ししようかなって感じ。やはり指摘は今回はというか毎度、自分ちのシーンが多かったこと。時間がなかったとはいえ、やはりちゃんとロケハンとかしていろんなとこで撮るべきだったなって反省。

    それにはやっぱり事前に動くよう計画性が必要だ。

    しかし、おれは昔から計画性があんま無い。
    基本的に夏休みの宿題とかほとんど締め切り間際にスパートかけるタイプ。

    中学のとき定期テストの数週間前に、「テストまでのスケジュール表」みたいなのを書かなければならなくて、テストまでにいついつこれを勉強して・・・みたいな細かく計画するわけなんだけど、当時のおれは自分で計画性がないのを把握していたので、内容をほぼ未定みたいな感じで出していた。

    先生:「ちょっとカズタカ君!全然計画表うまってないじゃない」
    おれ:「だって、おれ計画しても絶対その通りにやらないんすもん」
    先生:「だから計画っていうのは、やるやらないじゃなくて、勉強を進める目標みたいなモノだから、計画してできなかったらできなかったでいいの。計画を立てることが重要なのよ」

    おれ:「だから、計画とおりにできないから書いたって意味ないんですー。」
    先生途方に暮れる


    なんて調子に乗った発言をしてたのだろうかおれは・・・。

    その後、担任の先生がこのことを怖いで有名なうちの部活の顧問に言ったらしく、こっぴどく怒られたのでした。


    なんで計画性ないんだろう・・・?昔からホントーにギリギリにならないと焦らないなぁ。
    母親に「あんたってホントーに危機感ないね」と何度言われたことか。

    ってかでも、後のことそんなに考えないで動けるってのは悪いことではないなとは思う。そうじゃなきゃ、雨の中チャリで築地まで行きませんよ。

    メリハリつければ、そんな性格もきっと生かせるのではなかろうか。

    計画してその通り動けて、その間は失敗することとか考えないで自分の思う通りに動いて「それでダメだったら、しょうがなくね?」みたいな感じで頑張れるってのが一番理想的かも。

    基本的におれの精神は「失敗したら直せばいい」なんで。

    これから社会に出ればきっと結果が求められて、そんな精神が通用しなくなるんだろうけど、通用しなくなったらしなくなったときに変更すればいいんじゃないかなぁと思う。

    とにかく次作る作品はちゃんと早い段階で脚本あげて動きたい。
    今回の作品はやっぱり反省する点が多いし、次ガンバろ。




    【2005/07/05 00:46】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。