日記キノココアララッパガリア餡子呼吸宇宙海ミトコンドリア愛してる。



PROFILE
kajutaka
  • Author:kajutaka
  • 1983年10月20日生
    好きな食べ物:sushi
    たぶんこの食べ物になら、一回の食事でいくらかけてもよいと思う。
  • RSS


  • カンチョーセヨ
    CALENDER
    04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 最近欲しいものー「クルーザー」(09/18)
  • 帰りの電車、駅のホームに下りるといつも同じ場所にいる(03/09)
  • レディヘ来日ライブ(02/11)
  • あらがきゆい(02/10)
  • 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう(12/17)


  • RECENT COMMENTS
  • プログのヒト(09/18)
  • しか(03/16)
  • しか(03/15)
  • nabe(03/04)
  • しか(02/28)
  • しか(01/11)
  • しか(01/11)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (8)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (5)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (9)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (9)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (15)
  • 2006年01月 (14)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (14)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (15)
  • 2005年05月 (20)
  • 2005年04月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (82)
  • 映画の話 (10)
  • まとめ (3)
  • 音楽の話 (19)
  • 小説の話 (4)
  • 若い自分から見たモノ (76)
  • コイバナ (6)
  • 旅行 (14)
  • ハプニング話 (16)
  • ニッキ (75)
  • 尊敬人 (1)
  • 就活的事象 (3)
  • LUMIX DMC-LX2 (3)


  • LINKS
  • てきと~に一休み
  • 怪文書 ON THE WEB
  • COLORFUL HEARTS
  • プログ
  • Knives Inner ScenariSt
  • -こちやま跡地-
  • yaneurabeya.net
  • がぶがぶDIEアリー
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    LUMIX DMC-LX2
    鳥取写真
    学科免除の特権を行使して、観光観光観光。

    ◆鳥取砂丘

    P1000540.jpg


    P1000534.jpg


    思っていたよりもだいぶ砂漠で、砂埃が舞いまくりでデジカメが壊れてしまうんじゃないかと不安でドキンドキーン。

    P1000501.jpg


    こんな感じで砂が丘状に盛り上がってる箇所がいくつかあって、そこから海岸線を眺められる。
    でも一人で行ったのでなんだか砂漠のように心がカラッカラだぜ。


    ◆三徳山ー「投入堂」

    鳥取と言えば砂丘!の他に国宝があった!
    国宝・「投入堂」(なげいれどう)

    まず入山料を払い、投入堂まで行きたいと言うと
    「じゃあ靴の裏見せてください」

    我がオールスターの裏側を見せる

    「全然ダメですね。それじゃ登れません」

    !!!

    「上で、わらじを買って入山してください」
    P1000575.jpg


    三徳山は本堂までは、簡単に行けるが投入堂までは舗装されていない山を登らねばならず、オールスターは入山を許可されずわらじを履いて、さらにたすきも渡され投入堂まで登ることに。
    P1000547.jpg


    木のツタを登り、おじさんおばさんに紛れ一人で登る。
    ここでも寂しくて、おじさん達と話しながら登る。

    P1000563.jpg


    道中、鎖でぶら下がりながら登る箇所もあり、なんとも頼りなさげに見えたわらじは思いのほか足になじんで滑らず、昔の人の恩恵にあずかる。

    P1000555.jpg


    山の斜面に突き出るように出ている休憩所。なぜか柵なし。
    ちょうど紅葉の時期で山に色が付いてなかなか綺麗だった。

    P1000562.jpg


    木のツタを登り、おじさんおばさんに紛れ一人で登る。
    ここでも寂しくて、おじさん達と話しながら登る。
    カラフルな服を着たオカマみたいなおじさんに「一人で来たの?エライエライ」と頭をなでられ身の危険を感じる。

    P1000570.jpg


    国宝・「投入堂」
    どの辺が国宝なのかを真剣に考える。
    やはり、あれか。
    崖にいきり建ってる、建築的に難しそうな技術にあるんだろうか。
    そして何を投げ入れるのか。
    ナゾは深まるばかりであるが、1時間もかけて登った達成感で意気揚々と下山。


    ◆浦富海岸ライン
    教習所の教官にバイクレンタル屋があると聞きつけ、数時間だけバイクをレンタル。

    P1000586.jpg
    スズキ・バンバン

    レンタル料金の高さにビビッたが、別名「山陰の松島」と言われる海岸ライン。
    せっかくだから走っておこうとチャーター。

    久しぶりのマニュアル車に坂道発進でエンストしまくりで、うしろの車に迷惑かけるが逆に興奮。
    こえー!が、しかし!!URYYYYYY!って感じだった。

    夕暮れを見ようと思って出たので、気温見たら11℃。
    北海道のとき2℃だったのでいける!と凍えながら走る。

    P1000589.jpg


    P1000599.jpg


    さすが山陰の松島。綺麗だった。とトゥギャザーに寒かった。

    P1000603.jpg


    本当は、海岸ラインかっ飛ばして、そのまま鳥取砂丘で夕日が沈むのを見ようと思っていたけれど、道に迷って間に合わず・・。ここで日の入り。

    ってかむしろ海岸沿いに走ってたはずなのに、なぜか浦富海岸に逆戻りしていた。
    不思議だぜ。



    P1000597.jpg


    そして、ここからの景色が鳥取ナンバー1でした。


    おしまい
    スポンサーサイト
    【2007/12/13 20:40】 LUMIX DMC-LX2 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    LUMIX DMC-LX2
    ○スケジュール帳の80%がアルバイト 夏の20%の其の弐○

    ツーリングで房総半島一筆書き一周しました。

    千葉→木更津→館山→鴨川→勝浦→銚子→千葉


    ◆木更津伝説の赤い橋から
    (おんぶして渡りきると二人は結ばれるってyo)

    P1000341.jpg


    ◆道中
    P1000343.jpg

    P1000346.jpg


    P1000356.jpg


    ◆館山ー白浜
    好きな映画の一つである行定監督「きょうのできごと」ラストシーン
    クジラが打ち上げられた砂浜。
    大体こんな感じのアングルで登場人物達が集まってくる。
    ちょい映画の世界に触れて興奮。

    P1000359.jpg


    ここで夕日が沈むのを見て、鴨川にて宿に宿泊。

    P1000366.jpg


    ◆鴨川にてー鴨川が見渡せる展望台的なサムシングより
    向かって左
    P1000378.jpg

    向かって右
    P1000376.jpg

    どちらも鴨川の顔なのです。

    ◆九十九里浜(ほぼ実家付近)
    P1000383.jpg


    ◆銚子までの道中
    ツーリングポイント的にはここら辺が一番走ってて気持ちえがった。
    P1000389.jpg


    ◆銚子ー地球が丸く見える丘より

    ぶっちゃけ地球が丸く見えても、地球のサイズ考えたら、ものっそ低い角度で歪んで丸く見えるくらいで、まぁ・・・どうってことないよね。
    って思っちゃった。
    P1000390.jpg


    ◆銚子ー房総の隅っこ犬吠崎
    P1000397.jpg


    ◆「完!」ー東映のオープニング現場

    P1000404.jpg



    【2007/12/01 23:47】 LUMIX DMC-LX2 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

    LUMIX DMC-LX2
    ○スケジュール帳の80%がアルバイト 夏の20%の其の壱○



    ◆夜景「キミサラズタワー」
    P1000258.jpg


    木更津駅近くにある「きみさらずタワー」
    ヤマトタケルノミコトが上総に渡るとき、強風がおき船が遭難しかけたところ、この地に住む姫が自らの体を海へ投げ海神を沈めたそうな。

    それを哀れんだミコトが「君去らず」という意味で立てた丘。

    「監獄から君去らず」
    P1000261.jpg


    「1000万ガソの君去らず」
    P1000267.jpg




    夜景ツアーと称して何度かバイクで夜中でかけた。
    朝から入ってバイトが終わるのはいつも一日が終わる時間
    夏の夜は涼しくて、夜風とスーパーカーが心地よい。

    目を見張るのはやっぱりレインボーブリッジ。
    特にお台場側から入って、橋を抜けた後に待っているループ状の立体カーブがバイヤー。
    残念無念走りながらの夜景写真はどーしてもブレるので控えます。

    夜の道路の赤と緑とオレンジ色で配色されたラインをただぼーっと走っているだけで、それでいーのだ。
    夜景に関して言えば、田舎より都会に軍配が上がる。

    オススメはディズニーランド過ぎてからの357。
    または東関道。




    「森君ちから見える東京のへそ」
    ル・コルビジェ展の帰りに。
    P1000234.jpg


    ビルディングの夜景よりも、街を見下ろす夜景のほうが好きだ。

    函館山から見た100万ドル。
    それを超えるハンマープライスな夜景が見られることをいつか期待しながら細々と続ける。


    【2007/11/11 20:51】 LUMIX DMC-LX2 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。